新しいレシピ

20カ国でのバーベキューの見た目(と味)はどのようなものか(スライドショー)

20カ国でのバーベキューの見た目(と味)はどのようなものか(スライドショー)

バーベキューにはハンバーガーやホットドッグ以外にもたくさんあります。これが世界20カ国がまったく違うやり方をしている方法です

アルゼンチン—アサード

アサード、 お気に入り バーベキューは、調理技術、生産される食品の種類、およびそれに関連する社会的イベントを指します。シェフ(「アサード」または「パリレロ」)肉をマリネしません—通常は牛肉、 エンブティード(硬化、ドライソーセージ)、 と 内臓(臓器および内臓) —グリルの前ですが、プロセスの前またはプロセス中に適用される塩のみを使用します。その後、肉は木炭で調理されます。木炭は、強い香りの樹脂を使用せずに在来種の木から作られることがよくあります。それは、アルアサード(死骸全体として火の向こう側に広がる)またはラパリラ(グリルの上でバラバラに調理される)で調理することができます。多くの場合、過度に煙のような風味を避けるために、肉は石炭の上で直接加熱されないため、完全に調理するには通常数時間かかります。に加えて アルゼンチン、この料理スタイルは特に人気があります チリ、パラグアイ、 ウルグアイ、およびの一部 ブラジル.

自分で試すための最高のアサードレシピについては、ここをクリックしてください。

オーストラリア—ソーセージシズル

別の種類のオーストラリアのバーベキューについて説明するので、「シュリンプオンザバービー」のジョークを1分間保持します。 ソーセージ シズル。シズルは、チャリティー募金やその他のコミュニティイベントでよく発生します。 オーストラリアニュージーランド、そしてメインディッシュは明らかにソーセージです— 「スナッグ」とも呼ばれます。 最も一般的なトッピングは、焼き玉ねぎとケチャップや調味料のような調味料です バーベキューソース、肉が白パンのスライスで提供されている間(あなたは上品なままです、オーストラリア)。バニングスウェアハウス(オーストラリア最大のハードウェアチェーン)とウェアハウス(小売デパートチェーン)は、頻繁なソーセージシズルイベントで有名です。

あなたを驚かせるかもしれない5つの「オーストラリアだけ」の事実についてはここをクリックしてください。

ブラジル— Churrasco

ブラジル人 シュラスコは、牛肉、豚肉、鶏肉、ソーセージなどのさまざまな肉を、大きな「チュラスケイラ」炭火焼きグリルで調理したものを使用しています。この用語はシェフを指すこともあり、同様の用語「シュラスカリア」も指します。 ステーキハウスまたは他のバーベキューレストラン。バーベキュー自体は通常、串や串をサポートしており、肉と残り火を分離するものがないことがよくあります。牛肉は最も一般的に調理される肉であり、通常は ライム、レモン、または他のジュースでマリネした にんにくと数時間混ぜてから塩で味付けします。

中国— Chuanr

中国、「chuan」または「chuanr」とは、中国のイスラム教徒が多く住む中国北西部の新疆ウイグル自治区で生まれた、炭火で串に刺して焼いた肉の小片を指します。宗教上の制約から、チュアンは伝統的に子羊で作られていましたが、現在では鶏肉、牛肉、シーフード、さらには豚肉が一般的に使用されており、クミンの種を磨いたり振りかけたりしています。 乾燥赤唐辛子フレーク、塩、黒胡椒、ごままたはごま油。チュアンは辛いことが多いですが、小豆餡で作った甘いバージョンも通常はオプションです。このタイプのバーベキューは、特に人気のある観光地で、屋台の食べ物としてよく見られます。

世界のすべての旅行者が試すべき27の象徴的な屋台の食べ物については、ここをクリックしてください。

ドイツ—グリル

夏が来ると、 ドイツ人 炭とガスのグリルを壊して調理する ブラートヴルスト、ソーセージ、ステーキ(特にマリネ) ポークショルダーステーキ)、と呼ばれるひき肉餃子 フリカデレン、チキン—アヒルからマス、そして ウナギ。また、ハンバーガーはドイツの都市にちなんで名付けられていますが、ドイツのバーベキューで見つけることは期待しないでください。一方、あなたは できる 彼らの地元のバージョンは南の隣人の料理とほとんど同じであり、同じ名前さえ持っているので、スカンジナビアでドイツのバーベキューを見つけることを期待してください。ただし、注目すべき違いの1つは、 ねずの実 スカンジナビアで出される肉に。

ギリシャ—スブラキ

スブラキギリシャ'NS ファーストフードのバージョン それは何千年も前からあります。実際、サントリーニ島での発掘調査では、西暦前17世紀頃に使用されていたバーベキュー串の石のセットが発見されました。料理を準備するために、肉(通常は豚肉だけでなく、鶏肉と子羊肉も)を1インチの立方体に切り、レモン果汁とオリーブオイルでハーブとスパイスを加えて一晩マリネし、木の棒で串に刺してから炭火で焼き、味付けします。たっぷりと塩とコショウで。その後、串に直接添えるか、 ピタサンドイッチの中 —多くの場合、ヨーグルトベースのザジキソースが追加されます。

簡単なDIYザジキソースのレシピについては、ここをクリックしてください。

香港—チャーシュー

本土のすぐそばにありますが、 香港のバーベキューは、 中国 自体。広東語版のバーベキューであるチャーシューは、五香粉、蜂蜜、海鮮醤、醤油、時には赤い食用色素が添加されているため、チュアンよりも甘くておいしいです。肉(一般的に薄いストリップ 骨なし豚ロース肉、腹、お尻、脂肪、または首)は、棒ではなく長い金属のフォークに串刺しにされ、それを食べるつもりの人によって覆われたオーブンまたは直火の上に置かれることが多く、経験をより似たものにします また フォンデュ.

ハンガリー—Szalonnasütés

牛肉はこのリストで多くの愛を得ていますが、 ハンガリー ベーコンのバーベキューにはまったく別の名前があり、それは szalonnasütés。必要なのは(厚いベーコンの塊を除いて)玉ねぎ、パン、棒、火だけなので、派手な道具についても心配する必要はありません。次のように考えてください マシュマロのロースト、最後に半分の玉ねぎとベーコンを除いて。スティックを火にかざして回すと、調理中におやつとしてパンに滴りが溜まることがよくあります。パンは後でタマネギとベーコンを入れるのに使用できます。これにより、すばやく簡単でおいしいバーベキューができます。

インド—タンドール

インドで (そしてまた パキスタン とバングラデシュ)、単語 タンドール 肉、パン、野菜、ジャガイモを非常に高温(華氏900度まで)で調理するために使用される円筒形の粘土または金属オーブンを指します。タンドールは、生火、放射熱調理、熱風、対流、および喫煙(内部の木炭に滴るジュースを介して)を使用し、多くの場合、長時間点灯および維持されます。この方法で調理された最も有名な料理の1つは タンドリーチキンにんにく、生姜、クミン、カイエンペッパーなどの香辛料で味付けしたヨーグルトでマリネしたもの。鶏は赤い色、またはターメリックが使用されている場合は黄橙色を選びます。

3つの材料のみを使用したタンドリーチキンのレシピについては、ここをクリックしてください。

インドネシア—サテ

Satayは インドネシア、しかしそれはまた非常に人気があります タイ, マレーシア, シンガポール、 そしてその フィリピン。この料理は、味付け、串焼き、グリルした肉またはその他のタンパク質をソースとともに提供し、各部分にさまざまなバリエーションがあります。調味料は原産国によって大きく異なり、串はココナッツ椰子の葉または竹から作ることができます。肉には、スライスまたはさいの目に切った鶏肉、山羊、マトン、牛肉、豚肉、魚、または豆腐が含まれます。そして、最も人気のあるソースは、もちろん、生姜、ニンニク、砂糖、塩、唐辛子、ピーナッツで作られたピーナッツベースのディップです。

私たちの最高のチキンサテレシピのコレクションについては、ここをクリックしてください。

ジャマイカ—ジャーク

ジャークチキン からの最も有名な食べ物です ジャマイカ、そしてジャークスパイス(主にオールスパイスと スコッチボンネットペッパー クローブ、シナモン、ネギ、ナツメグ、タイム、ニンニク、ブラウンシュガー、ジンジャー、塩も可能な限り追加します)。 「ジャーク」は、料理の種類やスパイスに加えて、肉に小さな穴を開ける調理スタイルの名前も指します(世界中の多くのバーベキューとは異なり、大きなピースで調理されて提供されます)。最大のフレーバー吸収のために。伝統的に、ジャークを調理する最良の方法は、装置を開閉できるように半分にされ、ヒンジが取り付けられた木炭で満たされた石油バレルまたはドラムを使用することです。ある程度の煙の換気を可能にするために穴が開けられています。

日本—焼肉

「焼き肉」の意味 焼肉 もともと使用されていた 日本 西洋またはその他の外国のバーベキューを指すが、最終的に分類するようになった 日本 一口サイズの肉(通常は牛肉、豚肉、内臓)と野菜を焼き網と鉄板の上で調理し、ソース(「タレ」と呼ばれる)に浸してから食べるスタイル(韓国の影響を受けたもの)。最も一般的な風袋は日本人で作られています しょうゆ、日本酒、みりん、砂糖、にんにく、フルーツジュース、ごま。 8月29日は日本の焼肉の日です。日本語の日付は焼肉と非常によく似ているからです。

韓国—プルコギ

プルコギ おそらく現在、他のどのタイプのバーベキューよりも暑いので、その温度や辛さについては言及していません。最近、世界中の人々が地元の(そして絶えず拡大している)ものを探すことが流行しています。 韓国語 バーベキュージョイントで「ゴギグイ」の肉をロ​​ーストし、中央に組み込まれたガスグリルまたは炭火グリルで、自分のテーブルで薄くスライスした肉を自分で準備して調理します。最も人気のある肉の種類はビーフサーロインまたはテンダーロインで、醤油、砂糖、ごま油、にんにく、コショウ、生姜、玉ねぎなどの材料で事前にマリネすることがよくあります。その後、肉をレタスなどの葉物野菜で包み、サムジャンと呼ばれる辛いペーストを軽くたたいて楽しんだ。

チキンプルコギのレシピに加えて、他の14の簡単なチキンディナーレシピについては、ここをクリックしてください。

メキシコ—カルネアサダ

カルネ・アサーダ 牛肉(通常はスカート、フランク、またはフラップステーキ)をグリルしてスライスしたものです。肉は通常グリルで焼いて焦げた風味を加え、他の風味は塩、レモン、ライム、コショウ、ニンニク、さらにはビールのスパイスラブを介して利用されます。その後、肉はメインディッシュとして、またはブリトー、タコス、ゴルディータ、ケサディーヤ、またはナチョスのプレートの一部として食べられます。他の多くの国の場合と同様に、肉の用語とそれを調理することに関連する懇親会は同じです。

中東—ケバブ

私たちは地理の専門家や地図製作者ではないかもしれませんが、「中東」は国ではないことを認識しています。しかし、他にどのようにして紛争の原因を特定できますか ケバブ、これは現在この地域に遍在しており、ヨーロッパだけでなく世界の他の地域にも広がっていますか?関係する食べ物やスパイスは国によって大きく異なりますが、ケバブでは肉、魚、野菜を串に刺す前にローストまたはグリルします( シシカバブ)、ご飯の上、ピタ、またはサンドイッチやラップで。後の例は通常、少なくともでは「ドネルケバブ」と呼ばれます 七面鳥.

モンゴル—ホルホグ

写真の変更:ウィキメディアコモンズ/ Brucke-Osteuropa / パブリックドメイン

モンゴル バーベキュー」はほとんどの人にやや馴染みがあり、この料理を提供する多くのレストランは実際に平らな円形の金属面ですばやく調理された薄切りの肉の台湾料理を準​​備しています。しかし、本格的なモンゴルバーベキュー(レストランではなく田舎で調理されたもの)には、実際にはホルホグが含まれます。ホルホグは、熱い石と外部から加熱された水の容器の中で調理された肉料理です。中型の肉はほとんどの場合子羊であり(ただし山羊で代用できます)、塩や他のスパイスを加えたシチューでニンジン、キャベツ、またはジャガイモと組み合わせます。混合物を覆う前に、調理を容易にするために水差しの中に蒸気泡が作られます。 60〜90分後、ホルホグは食べる準備が整います。興味深いことに、料理人は肉を配るだけでなく、幸運を祈って熱い石を回します。

フィリピン—レチョン

の中に フィリピン、レチョンは非常に一般的であるため、珍しいでしょう いいえ 特別な機会にそれを見るために。レチョンは、カリブ海諸国での食事と同じように(同じ単語と発音で)準備され、臓器を取り除き、動物を棒または棒に置いた後、炭火でゆっくりとローストまたはグリルした豚全体です。豚は調理前に、外側を醤油、塩、こしょうでこすり、内側を塩こしょうでこすります。 レモングラス、ネギ、ニンニク、リンゴ、タマネギ、または他の調味料と側面も同様です。ロティサリースタイルの食事は、フィリピンと プエルトリコ.

ロシア—シャシリク

NS ロシア 言葉 シャシリク は「串に刺した肉」を意味し、料理は子羊、豚肉、鶏肉、または牛肉(好みや宗教上の制限に応じて)を酢またはレモンジュースでマリネしたもので、スティックに脂肪や野菜を組み合わせたものです。 ピーマン、玉ねぎ、きのこ、トマト。一部のレストランメニューに記載されていますが、シャシリクは、木材、木炭、または石炭グリルで調理されたさまざまな通りの肉としてよく見られます。シャシリクは、あらゆる種類の懇親会やイベントで非常に人気のある料理でもあります。

南アフリカ— Braai

利便性により、近年、炭、練炭、ガスグリルの人気が高まっていますが、伝統的な 南アフリカ ブライ(バーベキュー)は、木の残り火でのみ調理されます。ただし、そこから、braaiはかなり変化する可能性があります。調理される肉は、ステーキ、チキン、ポーク、ラムチョップ、ソーセージから マトン 串、リブ、シーフード。串焼きはグリルの上に置くことができますが、バーベキューはすでに金属またはメッシュが上にあり、肉を直接置くことができるため、スティックは必要ありません。ブライは南アフリカでとても人気があるので、国は毎年9月24日に料理を祝います。これは、その遺産の日でもあります。

アメリカ合衆国—カルア

古き良きアメリカのAを完全にリストから外すとは思わなかったでしょう?もちろんそうではありません。特に、アメリカの50番目の州が実際にポリネシアの先住民からバーベキューの合図を受け取ったときはそうです。カルアと呼ばれる伝統的なハワイの調理法は、イム(長さ約6フィート、高さ4フィートの地下オーブンの一種)を使用して豚や七面鳥を調理します 有名なルアウの饗宴。 (ただし、不思議に思うかもしれませんが、「ルアウ」は実際には 里芋の葉 ほうれん草のように調理して食べる。)イムは火が消えた後も調理熱を保持する加熱岩を使用し、調理する肉は塩漬けにして葉で包み、湿った黄麻布や砂や土で覆われます。煙と蒸気で6〜7時間調理するために残しました。

2015年のアメリカで最高の35のリブについては、ここをクリックしてください。


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

サンアントニオ、ガーランド、コーパスクリスティのこれらのジョイントでは、クラフトスモークミートとクラフトビールが美しく調和しています。

テキサスでのクラフトビールとバーベキューの動きは、過去10年間で密接に関連して成長してきました。彼らのファンの同様の献身と彼らの開業医の献身にもかかわらず、彼らは正確に共生関係を持っていませんでしたが、醸造所の外に時々駐車されたバーベキュートラックのために。 2012年にオープンしたSanAntonio&rsquos Granary&rsquoCue&amp Brewは、2019年に閉店する前に、手作りのビールとバーベキューで全国的に高い評価を受けました。長年にわたり、フォートワースのCowtown Brewing Co.など、両方のアイテムを提供する他の注目すべき事業がテキサスのシーンに登場しました。マラソンの価値がある、そしてブリックボールト醸造所とバーベキュー。それ以来、自然な進歩が続いており、パンデミックに一部拍車がかかって、より多くの醸造者がパイントと燻製肉を組み合わせています。 (バーベキューは食事制限の際に特に弾力性があることが証明されましたが、クラフトビールの生産は最近の歴史で初めて減少しました。)ここに両方がうまくいく3つのジョイントがあります。

ウェザードソウルズで提供される南バーベキューブリスケット。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

マーカスバスカービルは、サンアントニオのウェザードソウルズブリューイングカンパニーでラダーワークラガーのパイントを注ぎます。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

左:WeatheredSoulsで提供される南バーベキューブリスケット。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

上:マーカスバスカービルは、サンアントニオのウェザードソウルズブリューイングカンパニーでラダーワークラガーのパイントを注いでいます。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

ウェザードソウルズブリューイングカンパニー

サンアントニオ

マイクホルトは、サンアントニオ空港近くのタップルームに顧客を戻すことができて安心しました。 &ldquoIt&rsquosは、本当の共同の会話環境であることを意味していました。&rdquoは、Weathered Soulsについて語っています。したがって、パンデミック中にシャットダウンすることは、単なる金銭的な抵抗以上のものでした。 2020年の初めに、ホルトと共同所有者のマーカスバスカービルは、キッチンを引き継ぐために、市内で最高のバーベキュージョイントの1つであるサウスバーベキューを歓迎しました。新しいメニューは、今年後半に食事をする人のためにドアが再び開くまで、ハンバーガーと前菜を取り出すだけに大幅に削減されました。

O.G.ハンバーガーは前かがみではありません。 SouthBBQのオーナーであるAndrewSamiaは、すべての固定具が付いた柔らかいパンで提供されるスマッシュバーガー(ダブルを取得)にプライムグレードのブリスケットトリムを使用しています。軽い側には、ブリスケットを詰めたアボカドがあります。さて、それはそれほど軽くはありませんが、完璧に熟した果物は、繊細な服を着たルッコラのサラダに囲まれています。上には、刻んだブリスケット、ハラペーニョとサルサベルデ、コリアンダー、ケソフレスコがあります。

brewmasterを兼務しているBaskervilleは、タップの選択肢が、パリッとしたハードウッドクラシックピルスナーからブラックイズビューティフルインペリアルスタウトまで、さまざまなものをカバーしていると述べています。バスカヴィルは、世界中の人種平等醸造所を促進するための彼のBlack Is Beautifulイニシアチブで国際的な運動を生み出し、彼の頑丈なレシピに従い、彼らの反復からのすべての収益を社会正義の非営利団体に寄付しました。ビールはWeatheredSoulsのアイデンティティの一部になり、より多様な群衆をもたらしました。バスカヴィルは、それだけでグラスを楽しむのが一番です。 &ldquo私はそれをバーベキューと組み合わせるつもりはありません。なぜなら、おそらくあなたは食事を終えるつもりがないからです&rdquo彼は冗談を言います。彼は、ウェストコーストIPAまたはキャスリングシュヴァルツビールとの肉の組み合わせを勧めています。これは、私がとても気に入ったダークラガーで、蛇口からビールを詰めたクローラーと大きなアルミ缶をいくつか持ち帰りました。

ガーランドのIntrinsicSmokehouse and Breweryでのスモークジャックフルーツ(左)とMacRibサンドイッチとブラウンエール。ダニエル・ヴォーンによる写真

本質的なスモークハウスと醸造所

花輪

CaryHodsonと彼の妻であるMollyMaloneは、2015年12月5日、30歳の誕生日と、1933年に禁酒法を廃止した21条改正の批准記念日に共同で設立しました。Hodsonはビールを醸造するために生まれたと言えます。彼はバーベキューも大好きなので、新しいベンチャーのためにどちらのルートを取るかを決めるとき、彼は両方を選びました。

イントリンシックには当初、否定論者がいました。ホドソンは肉愛好家が不平を言ったことを覚えています。彼らは醸造所であるため、ビールのオタクからバーベキューを真剣に受け止めたり、その逆を行ったりしません。しかし、時間は彼の最初の本能を検証しました。ブリューマスターのトラビスエーラーズは、イントリンシック&rsquosビールの提供を6から21に増やし、ピットマスターのジョシュアブラウニングは、かつてはシンプルだったバーベキューメニューを刷新し、プルドポークと非常に似た風味のスモークジャックフルーツなどのベジタリアンオプションを含む、さまざまな特製サンドイッチを追加しました。日曜日のブランチもあります。


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

サンアントニオ、ガーランド、コーパスクリスティのこれらのジョイントでは、クラフトスモークミートとクラフトビールが美しく調和しています。

テキサスでのクラフトビールとバーベキューの動きは、過去10年間で密接に関連して成長してきました。彼らのファンの同様の献身と彼らの開業医の献身にもかかわらず、彼らは正確に共生関係を持っていませんでしたが、醸造所の外に時々駐車されたバーベキュートラックのために。 2012年にオープンしたSanAntonio&rsquos Granary&rsquoCue&amp Brewは、2019年に閉店する前に、手作りのビールとバーベキューで全国的に高い評価を受けました。長年にわたり、フォートワースのCowtown Brewing Co.など、両方のアイテムを提供する他の注目すべき事業がテキサスのシーンに登場しました。マラソンの価値がある、そしてブリックボールト醸造所とバーベキュー。それ以来、自然な進歩が続いており、パンデミックに一部拍車がかかって、より多くの醸造者がパイントと燻製肉を組み合わせています。 (バーベキューは食事制限の際に特に弾力性があることが証明されましたが、クラフトビールの生産は最近の歴史で初めて減少しました。)ここに両方がうまくいく3つのジョイントがあります。

ウェザードソウルズで提供される南バーベキューブリスケット。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

マーカスバスカービルは、サンアントニオのウェザードソウルズブリューイングカンパニーでラダーワークラガーのパイントを注ぎます。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

左:WeatheredSoulsで提供される南バーベキューブリスケット。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

上:マーカスバスカービルは、サンアントニオのウェザードソウルズブリューイングカンパニーでラダーワークラガーのパイントを注いでいます。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

ウェザードソウルズブリューイングカンパニー

サンアントニオ

マイクホルトは、サンアントニオ空港近くのタップルームに顧客を戻すことができて安心しました。 &ldquoIt&rsquosは、本当の共同の会話環境であることを意味していました。&rdquoは、Weathered Soulsについて語っています。したがって、パンデミック中にシャットダウンすることは、単なる金銭的な抵抗以上のものでした。 2020年の初めに、ホルトと共同所有者のマーカスバスカービルは、キッチンを引き継ぐために、市内で最高のバーベキュージョイントの1つであるサウスバーベキューを歓迎しました。新しいメニューは、今年後半に食事をする人のためにドアが再び開くまで、ハンバーガーと前菜を取り出すだけに大幅に削減されました。

O.G.ハンバーガーは前かがみではありません。 SouthBBQのオーナーであるAndrewSamiaは、すべての固定具が付いた柔らかいパンで提供されるスマッシュバーガー(ダブルを取得)にプライムグレードのブリスケットトリムを使用しています。軽い側には、ブリスケットを詰めたアボカドがあります。さて、それはそれほど軽くはありませんが、完璧に熟した果物は、繊細な服を着たルッコラのサラダに囲まれています。上には、刻んだブリスケット、ハラペーニョとサルサベルデ、コリアンダー、ケソフレスコがあります。

brewmasterを兼務しているBaskervilleは、タップの選択肢が、パリッとしたハードウッドクラシックピルスナーからブラックイズビューティフルインペリアルスタウトまで、さまざまなものをカバーしていると述べています。バスカヴィルは、世界中の人種平等醸造所を促進するための彼のBlack Is Beautifulイニシアチブで国際的な運動を生み出し、彼の頑丈なレシピに従い、彼らの反復からのすべての収益を社会正義の非営利団体に寄付しました。ビールはWeatheredSoulsのアイデンティティの一部になり、より多様な群衆をもたらしました。バスカヴィルは、それだけでグラスを楽しむのが一番です。 &ldquo私はそれをバーベキューと組み合わせるつもりはありません。なぜなら、おそらくあなたは食事を終えるつもりがないからです&rdquo彼は冗談を言います。彼は、ウェストコーストIPAまたはキャスリングシュヴァルツビールとの肉の組み合わせを勧めています。これは、私がとても気に入ったダークラガーで、蛇口からビールを詰めたクローラーと大きなアルミ缶をいくつか持ち帰りました。

ガーランドのIntrinsicSmokehouse and Breweryでのスモークジャックフルーツ(左)とMacRibサンドイッチとブラウンエール。ダニエル・ヴォーンによる写真

本質的なスモークハウスと醸造所

花輪

CaryHodsonと彼の妻であるMollyMaloneは、2015年12月5日、30歳の誕生日と、1933年に禁酒法を廃止した21条改正の批准記念日に共同で設立しました。Hodsonはビールを醸造するために生まれたと言えます。彼はバーベキューも大好きなので、新しいベンチャーのためにどちらのルートを取るかを決めるとき、彼は両方を選びました。

イントリンシックには当初、否定論者がいました。ホドソンは肉愛好家が不平を言ったことを覚えています。彼らは醸造所であるため、ビールのオタクからバーベキューを真剣に受け止めたり、その逆を行ったりしません。しかし、時間は彼の最初の本能を検証しました。ブリューマスターのトラビスエーラーズは、イントリンシック&rsquosビールの提供を6から21に増やし、ピットマスターのジョシュアブラウニングは、かつてはシンプルだったバーベキューメニューを刷新し、プルドポークと非常に似た風味のスモークジャックフルーツなどのベジタリアンオプションを含む、さまざまな特製サンドイッチを追加しました。日曜日のブランチもあります。


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

サンアントニオ、ガーランド、コーパスクリスティのこれらのジョイントでは、クラフトスモークミートとクラフトビールが美しく調和しています。

テキサスでのクラフトビールとバーベキューの動きは、過去10年間で密接に関連して成長してきました。彼らのファンの同様の献身と彼らの開業医の献身にもかかわらず、彼らは正確に共生関係を持っていませんでしたが、醸造所の外に時々駐車されたバーベキュートラックのために。 2012年にオープンしたSanAntonio&rsquos Granary&rsquoCue&amp Brewは、2019年に閉店する前に、手作りのビールとバーベキューで全国的に高い評価を受けました。長年にわたり、フォートワースのCowtown Brewing Co.など、両方のアイテムを提供する他の注目すべき事業がテキサスのシーンに登場しました。マラソンの価値がある、そしてブリックボールト醸造所とバーベキュー。それ以来、自然な進歩が続いており、パンデミックに一部拍車がかかって、より多くの醸造者がパイントと燻製肉を組み合わせています。 (バーベキューは食事制限の際に特に弾力性があることが証明されましたが、クラフトビールの生産は最近の歴史で初めて減少しました。)ここに両方がうまくいく3つのジョイントがあります。

ウェザードソウルズで提供される南バーベキューブリスケット。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

マーカスバスカービルは、サンアントニオのウェザードソウルズブリューイングカンパニーでラダーワークラガーのパイントを注ぎます。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

左:WeatheredSoulsで提供される南バーベキューブリスケット。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

上:マーカスバスカービルは、サンアントニオのウェザードソウルズブリューイングカンパニーでラダーワークラガーのパイントを注いでいます。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

ウェザードソウルズブリューイングカンパニー

サンアントニオ

マイクホルトは、サンアントニオ空港近くのタップルームに顧客を戻すことができて安心しました。 &ldquoIt&rsquosは、本当の共同の会話環境であることを意味していました。&rdquoは、Weathered Soulsについて語っています。したがって、パンデミック中にシャットダウンすることは、単なる金銭的な抵抗以上のものでした。 2020年の初めに、ホルトと共同所有者のマーカスバスカービルは、キッチンを引き継ぐために、市内で最高のバーベキュージョイントの1つであるサウスバーベキューを歓迎しました。新しいメニューは、今年後半に食事をする人のためにドアが再び開くまで、ハンバーガーと前菜を取り出すだけに大幅に削減されました。

O.G.ハンバーガーは前かがみではありません。 SouthBBQのオーナーであるAndrewSamiaは、すべての固定具が付いた柔らかいパンで提供されるスマッシュバーガー(ダブルを取得)にプライムグレードのブリスケットトリムを使用しています。軽い側には、ブリスケットを詰めたアボカドがあります。さて、それはそれほど軽くはありませんが、完璧に熟した果物は、繊細な服を着たルッコラのサラダに囲まれています。上には、刻んだブリスケット、ハラペーニョとサルサベルデ、コリアンダー、ケソフレスコがあります。

brewmasterを兼務しているBaskervilleは、タップの選択肢が、パリッとしたハードウッドクラシックピルスナーからブラックイズビューティフルインペリアルスタウトまで、さまざまなものをカバーしていると述べています。バスカヴィルは、世界中の人種平等醸造所を促進するための彼のBlack Is Beautifulイニシアチブで国際的な運動を生み出し、彼の頑丈なレシピに従い、彼らの反復からのすべての収益を社会正義の非営利団体に寄付しました。ビールはWeatheredSoulsのアイデンティティの一部になり、より多様な群衆をもたらしました。バスカヴィルは、それだけでグラスを楽しむのが一番です。 &ldquo私はそれをバーベキューと組み合わせるつもりはありません。なぜなら、おそらくあなたは食事を終えるつもりがないからです&rdquo彼は冗談を言います。彼は、ウェストコーストIPAまたはキャスリングシュヴァルツビールとの肉の組み合わせを勧めています。これは、私がとても気に入ったダークラガーで、蛇口からビールを詰めたクローラーと大きなアルミ缶をいくつか持ち帰りました。

ガーランドのIntrinsicSmokehouse and Breweryでのスモークジャックフルーツ(左)とMacRibサンドイッチとブラウンエール。ダニエル・ヴォーンによる写真

本質的なスモークハウスと醸造所

花輪

CaryHodsonと彼の妻であるMollyMaloneは、2015年12月5日、30歳の誕生日と、1933年に禁酒法を廃止した21条改正の批准記念日に共同で設立しました。Hodsonはビールを醸造するために生まれたと言えます。彼はバーベキューも大好きなので、新しいベンチャーのためにどちらのルートを取るかを決めるとき、彼は両方を選びました。

イントリンシックには当初、否定論者がいました。ホドソンは肉愛好家が不平を言ったことを覚えています。彼らは醸造所であるため、ビールのオタクからバーベキューを真剣に受け止めたり、その逆を行ったりしません。しかし、時間は彼の最初の本能を検証しました。ブリューマスターのトラビスエーラーズは、イントリンシック&rsquosビールの提供を6から21に増やし、ピットマスターのジョシュアブラウニングは、かつてはシンプルだったバーベキューメニューを刷新し、プルドポークと非常に似た風味のスモークジャックフルーツなどのベジタリアンオプションを含む、さまざまな特製サンドイッチを追加しました。日曜日のブランチもあります。


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

サンアントニオ、ガーランド、コーパスクリスティのこれらのジョイントでは、クラフトスモークミートとクラフトビールが美しく調和しています。

テキサスでのクラフトビールとバーベキューの動きは、過去10年間で密接に関連して成長してきました。彼らのファンの同様の献身と彼らの開業医の献身にもかかわらず、彼らは正確に共生関係を持っていませんでしたが、醸造所の外に時々駐車されたバーベキュートラックのために。 2012年にオープンしたSanAntonio&rsquos Granary&rsquoCue&amp Brewは、2019年に閉店する前に、手作りのビールとバーベキューで全国的に高い評価を受けました。長年にわたり、フォートワースのCowtown Brewing Co.など、両方のアイテムを提供する他の注目すべき事業がテキサスのシーンに登場しました。マラソンの価値がある、そしてブリックボールト醸造所とバーベキュー。それ以来、自然な進歩が続いており、パンデミックに一部拍車がかかって、より多くの醸造者がパイントと燻製肉を組み合わせています。 (バーベキューは食事制限の際に特に弾力性があることが証明されましたが、クラフトビールの生産は最近の歴史で初めて減少しました。)ここに両方がうまくいく3つのジョイントがあります。

ウェザードソウルズで提供される南バーベキューブリスケット。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

マーカスバスカービルは、サンアントニオのウェザードソウルズブリューイングカンパニーでラダーワークラガーのパイントを注ぎます。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

左:WeatheredSoulsで提供される南バーベキューブリスケット。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

上:マーカスバスカービルは、サンアントニオのウェザードソウルズブリューイングカンパニーでラダーワークラガーのパイントを注いでいます。

マッケンジー・スミス・ケリーによる写真

ウェザードソウルズブリューイングカンパニー

サンアントニオ

マイクホルトは、サンアントニオ空港近くのタップルームに顧客を戻すことができて安心しました。 &ldquoIt&rsquosは、本当の共同の会話環境であることを意味していました。&rdquoは、Weathered Soulsについて語っています。したがって、パンデミック中にシャットダウンすることは、単なる金銭的な抵抗以上のものでした。 2020年の初めに、ホルトと共同所有者のマーカスバスカービルは、キッチンを引き継ぐために、市内で最高のバーベキュージョイントの1つであるサウスバーベキューを歓迎しました。新しいメニューは、今年後半に食事をする人のためにドアが再び開くまで、ハンバーガーと前菜を取り出すだけに大幅に削減されました。

O.G.ハンバーガーは前かがみではありません。 SouthBBQのオーナーであるAndrewSamiaは、すべての固定具が付いた柔らかいパンで提供されるスマッシュバーガー(ダブルを取得)にプライムグレードのブリスケットトリムを使用しています。軽い側には、ブリスケットを詰めたアボカドがあります。さて、それはそれほど軽くはありませんが、完璧に熟した果物は、繊細な服を着たルッコラのサラダに囲まれています。 On top are chopped brisket, jalapeño salsa verde, cilantro, and queso fresco.

Baskerville, who also serves as brewmaster, notes that their tap choices cover the spectrum, from the crisp Hardwood Classic pilsner to the Black Is Beautiful imperial stout. Baskerville created an international movement with his Black Is Beautiful initiative to promote racial equity breweries around the world followed his stout recipe and donated all the proceeds from their iterations to social-justice nonprofits. The beer has become part of the Weathered Souls identity and brought in a more diverse crowd. Baskerville most enjoys a glass of it all on its own. &ldquoI wouldn&rsquot pair that with barbecue, because more than likely you&rsquore not going to finish your meal,&rdquo he jokes. He recommends a meat pairing with the West Coast IPA or the Castling schwarzbier, a dark lager I liked so much that I brought home a couple of crowlers&mdashlarge aluminum cans filled with beer from the taps.

The smoked jackfruit (left) and MacRib sandwiches and a brown ale at Intrinsic Smokehouse and Brewery, in Garland. Photograph by Daniel Vaughn

Intrinsic Smokehouse and Brewery

Garland

Cary Hodson and his wife, Molly Malone, opened their joint on December 5, 2015&mdashhis thirtieth birthday as well as the anniversary of the Twenty-first Amendment&rsquos ratification, which repealed Prohibition in 1933. You could say Hodson was born to brew beer. He loves barbecue too, so when deciding which route to take for his new venture, he chose both.

Intrinsic had naysayers in the beginning. Hodson remembers meat aficionados complaining, &ldquoThey&rsquore a brewery, so they don&rsquot take the barbecue seriously,&rdquo and vice versa from the beer nerds. But time has validated his initial instincts. Brewmaster Travis Ehlers increased Intrinsic&rsquos beer offerings from 6 to 21, and pitmaster Joshua Browning revamped a once simple barbecue menu to include an array of specialty sandwiches, including vegetarian options such as the smoked jackfruit, whose flavor is remarkably similar to that of pulled pork. There&rsquos also a Sunday brunch.


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

Craft smoked meats and craft beers come together beautifully at these San Antonio, Garland, and Corpus Christi joints.

The craft beer and barbecue movements in Texas have grown hand in hand over the past decade. Despite the similar devotion of their fans and dedication of their practitioners, however, they haven&rsquot exactly had a symbiotic relationship but for the occasional barbecue truck parked outside of a brewery. San Antonio&rsquos Granary &rsquoCue & Brew, which opened in 2012, received national acclaim for its handcrafted beers and barbecue before closing in 2019. Over the years, other notable operations serving both items appeared on the Texas scene, including Cowtown Brewing Co., in Fort Worth, and Brick Vault Brewery and Barbecue, in Marathon. The natural progression has since continued, with more brewers pairing their pints with smoked meats, spurred in part by the pandemic. (Barbecue proved particularly resilient during the dining restrictions, while craft beer production fell for the first time in recent history.) Here are three joints that do both well.

The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Left: The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Top: Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Weathered Souls Brewing Company

サンアントニオ

Mike Holt is relieved to have customers back in his taproom, near San Antonio&rsquos airport. &ldquoIt&rsquos meant to be a real communal, conversational environment,&rdquo he says of Weathered Souls, so shutting down during the pandemic was more than just a monetary drag. At the beginning of 2020, Holt and co-owner Marcus Baskerville had welcomed one of the city&rsquos best barbecue joints, South BBQ, to take over the kitchen. The new menu was slashed back to just take-out burgers and appetizers until the doors reopened for diners later in the year.

The O.G. Burger is no slouch. Andrew Samia, owner of South BBQ, uses Prime-grade brisket trim for the smashed burger (get the double), which comes on a soft bun with all the fixings. On the lighter side is the brisket-stuffed avocado. Okay, it&rsquos not that light, but the perfectly ripe fruit comes nestled in a delicately dressed arugula salad. On top are chopped brisket, jalapeño salsa verde, cilantro, and queso fresco.

Baskerville, who also serves as brewmaster, notes that their tap choices cover the spectrum, from the crisp Hardwood Classic pilsner to the Black Is Beautiful imperial stout. Baskerville created an international movement with his Black Is Beautiful initiative to promote racial equity breweries around the world followed his stout recipe and donated all the proceeds from their iterations to social-justice nonprofits. The beer has become part of the Weathered Souls identity and brought in a more diverse crowd. Baskerville most enjoys a glass of it all on its own. &ldquoI wouldn&rsquot pair that with barbecue, because more than likely you&rsquore not going to finish your meal,&rdquo he jokes. He recommends a meat pairing with the West Coast IPA or the Castling schwarzbier, a dark lager I liked so much that I brought home a couple of crowlers&mdashlarge aluminum cans filled with beer from the taps.

The smoked jackfruit (left) and MacRib sandwiches and a brown ale at Intrinsic Smokehouse and Brewery, in Garland. Photograph by Daniel Vaughn

Intrinsic Smokehouse and Brewery

Garland

Cary Hodson and his wife, Molly Malone, opened their joint on December 5, 2015&mdashhis thirtieth birthday as well as the anniversary of the Twenty-first Amendment&rsquos ratification, which repealed Prohibition in 1933. You could say Hodson was born to brew beer. He loves barbecue too, so when deciding which route to take for his new venture, he chose both.

Intrinsic had naysayers in the beginning. Hodson remembers meat aficionados complaining, &ldquoThey&rsquore a brewery, so they don&rsquot take the barbecue seriously,&rdquo and vice versa from the beer nerds. But time has validated his initial instincts. Brewmaster Travis Ehlers increased Intrinsic&rsquos beer offerings from 6 to 21, and pitmaster Joshua Browning revamped a once simple barbecue menu to include an array of specialty sandwiches, including vegetarian options such as the smoked jackfruit, whose flavor is remarkably similar to that of pulled pork. There&rsquos also a Sunday brunch.


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

Craft smoked meats and craft beers come together beautifully at these San Antonio, Garland, and Corpus Christi joints.

The craft beer and barbecue movements in Texas have grown hand in hand over the past decade. Despite the similar devotion of their fans and dedication of their practitioners, however, they haven&rsquot exactly had a symbiotic relationship but for the occasional barbecue truck parked outside of a brewery. San Antonio&rsquos Granary &rsquoCue & Brew, which opened in 2012, received national acclaim for its handcrafted beers and barbecue before closing in 2019. Over the years, other notable operations serving both items appeared on the Texas scene, including Cowtown Brewing Co., in Fort Worth, and Brick Vault Brewery and Barbecue, in Marathon. The natural progression has since continued, with more brewers pairing their pints with smoked meats, spurred in part by the pandemic. (Barbecue proved particularly resilient during the dining restrictions, while craft beer production fell for the first time in recent history.) Here are three joints that do both well.

The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Left: The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Top: Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Weathered Souls Brewing Company

サンアントニオ

Mike Holt is relieved to have customers back in his taproom, near San Antonio&rsquos airport. &ldquoIt&rsquos meant to be a real communal, conversational environment,&rdquo he says of Weathered Souls, so shutting down during the pandemic was more than just a monetary drag. At the beginning of 2020, Holt and co-owner Marcus Baskerville had welcomed one of the city&rsquos best barbecue joints, South BBQ, to take over the kitchen. The new menu was slashed back to just take-out burgers and appetizers until the doors reopened for diners later in the year.

The O.G. Burger is no slouch. Andrew Samia, owner of South BBQ, uses Prime-grade brisket trim for the smashed burger (get the double), which comes on a soft bun with all the fixings. On the lighter side is the brisket-stuffed avocado. Okay, it&rsquos not that light, but the perfectly ripe fruit comes nestled in a delicately dressed arugula salad. On top are chopped brisket, jalapeño salsa verde, cilantro, and queso fresco.

Baskerville, who also serves as brewmaster, notes that their tap choices cover the spectrum, from the crisp Hardwood Classic pilsner to the Black Is Beautiful imperial stout. Baskerville created an international movement with his Black Is Beautiful initiative to promote racial equity breweries around the world followed his stout recipe and donated all the proceeds from their iterations to social-justice nonprofits. The beer has become part of the Weathered Souls identity and brought in a more diverse crowd. Baskerville most enjoys a glass of it all on its own. &ldquoI wouldn&rsquot pair that with barbecue, because more than likely you&rsquore not going to finish your meal,&rdquo he jokes. He recommends a meat pairing with the West Coast IPA or the Castling schwarzbier, a dark lager I liked so much that I brought home a couple of crowlers&mdashlarge aluminum cans filled with beer from the taps.

The smoked jackfruit (left) and MacRib sandwiches and a brown ale at Intrinsic Smokehouse and Brewery, in Garland. Photograph by Daniel Vaughn

Intrinsic Smokehouse and Brewery

Garland

Cary Hodson and his wife, Molly Malone, opened their joint on December 5, 2015&mdashhis thirtieth birthday as well as the anniversary of the Twenty-first Amendment&rsquos ratification, which repealed Prohibition in 1933. You could say Hodson was born to brew beer. He loves barbecue too, so when deciding which route to take for his new venture, he chose both.

Intrinsic had naysayers in the beginning. Hodson remembers meat aficionados complaining, &ldquoThey&rsquore a brewery, so they don&rsquot take the barbecue seriously,&rdquo and vice versa from the beer nerds. But time has validated his initial instincts. Brewmaster Travis Ehlers increased Intrinsic&rsquos beer offerings from 6 to 21, and pitmaster Joshua Browning revamped a once simple barbecue menu to include an array of specialty sandwiches, including vegetarian options such as the smoked jackfruit, whose flavor is remarkably similar to that of pulled pork. There&rsquos also a Sunday brunch.


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

Craft smoked meats and craft beers come together beautifully at these San Antonio, Garland, and Corpus Christi joints.

The craft beer and barbecue movements in Texas have grown hand in hand over the past decade. Despite the similar devotion of their fans and dedication of their practitioners, however, they haven&rsquot exactly had a symbiotic relationship but for the occasional barbecue truck parked outside of a brewery. San Antonio&rsquos Granary &rsquoCue & Brew, which opened in 2012, received national acclaim for its handcrafted beers and barbecue before closing in 2019. Over the years, other notable operations serving both items appeared on the Texas scene, including Cowtown Brewing Co., in Fort Worth, and Brick Vault Brewery and Barbecue, in Marathon. The natural progression has since continued, with more brewers pairing their pints with smoked meats, spurred in part by the pandemic. (Barbecue proved particularly resilient during the dining restrictions, while craft beer production fell for the first time in recent history.) Here are three joints that do both well.

The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Left: The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Top: Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Weathered Souls Brewing Company

サンアントニオ

Mike Holt is relieved to have customers back in his taproom, near San Antonio&rsquos airport. &ldquoIt&rsquos meant to be a real communal, conversational environment,&rdquo he says of Weathered Souls, so shutting down during the pandemic was more than just a monetary drag. At the beginning of 2020, Holt and co-owner Marcus Baskerville had welcomed one of the city&rsquos best barbecue joints, South BBQ, to take over the kitchen. The new menu was slashed back to just take-out burgers and appetizers until the doors reopened for diners later in the year.

The O.G. Burger is no slouch. Andrew Samia, owner of South BBQ, uses Prime-grade brisket trim for the smashed burger (get the double), which comes on a soft bun with all the fixings. On the lighter side is the brisket-stuffed avocado. Okay, it&rsquos not that light, but the perfectly ripe fruit comes nestled in a delicately dressed arugula salad. On top are chopped brisket, jalapeño salsa verde, cilantro, and queso fresco.

Baskerville, who also serves as brewmaster, notes that their tap choices cover the spectrum, from the crisp Hardwood Classic pilsner to the Black Is Beautiful imperial stout. Baskerville created an international movement with his Black Is Beautiful initiative to promote racial equity breweries around the world followed his stout recipe and donated all the proceeds from their iterations to social-justice nonprofits. The beer has become part of the Weathered Souls identity and brought in a more diverse crowd. Baskerville most enjoys a glass of it all on its own. &ldquoI wouldn&rsquot pair that with barbecue, because more than likely you&rsquore not going to finish your meal,&rdquo he jokes. He recommends a meat pairing with the West Coast IPA or the Castling schwarzbier, a dark lager I liked so much that I brought home a couple of crowlers&mdashlarge aluminum cans filled with beer from the taps.

The smoked jackfruit (left) and MacRib sandwiches and a brown ale at Intrinsic Smokehouse and Brewery, in Garland. Photograph by Daniel Vaughn

Intrinsic Smokehouse and Brewery

Garland

Cary Hodson and his wife, Molly Malone, opened their joint on December 5, 2015&mdashhis thirtieth birthday as well as the anniversary of the Twenty-first Amendment&rsquos ratification, which repealed Prohibition in 1933. You could say Hodson was born to brew beer. He loves barbecue too, so when deciding which route to take for his new venture, he chose both.

Intrinsic had naysayers in the beginning. Hodson remembers meat aficionados complaining, &ldquoThey&rsquore a brewery, so they don&rsquot take the barbecue seriously,&rdquo and vice versa from the beer nerds. But time has validated his initial instincts. Brewmaster Travis Ehlers increased Intrinsic&rsquos beer offerings from 6 to 21, and pitmaster Joshua Browning revamped a once simple barbecue menu to include an array of specialty sandwiches, including vegetarian options such as the smoked jackfruit, whose flavor is remarkably similar to that of pulled pork. There&rsquos also a Sunday brunch.


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

Craft smoked meats and craft beers come together beautifully at these San Antonio, Garland, and Corpus Christi joints.

The craft beer and barbecue movements in Texas have grown hand in hand over the past decade. Despite the similar devotion of their fans and dedication of their practitioners, however, they haven&rsquot exactly had a symbiotic relationship but for the occasional barbecue truck parked outside of a brewery. San Antonio&rsquos Granary &rsquoCue & Brew, which opened in 2012, received national acclaim for its handcrafted beers and barbecue before closing in 2019. Over the years, other notable operations serving both items appeared on the Texas scene, including Cowtown Brewing Co., in Fort Worth, and Brick Vault Brewery and Barbecue, in Marathon. The natural progression has since continued, with more brewers pairing their pints with smoked meats, spurred in part by the pandemic. (Barbecue proved particularly resilient during the dining restrictions, while craft beer production fell for the first time in recent history.) Here are three joints that do both well.

The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Left: The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Top: Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Weathered Souls Brewing Company

サンアントニオ

Mike Holt is relieved to have customers back in his taproom, near San Antonio&rsquos airport. &ldquoIt&rsquos meant to be a real communal, conversational environment,&rdquo he says of Weathered Souls, so shutting down during the pandemic was more than just a monetary drag. At the beginning of 2020, Holt and co-owner Marcus Baskerville had welcomed one of the city&rsquos best barbecue joints, South BBQ, to take over the kitchen. The new menu was slashed back to just take-out burgers and appetizers until the doors reopened for diners later in the year.

The O.G. Burger is no slouch. Andrew Samia, owner of South BBQ, uses Prime-grade brisket trim for the smashed burger (get the double), which comes on a soft bun with all the fixings. On the lighter side is the brisket-stuffed avocado. Okay, it&rsquos not that light, but the perfectly ripe fruit comes nestled in a delicately dressed arugula salad. On top are chopped brisket, jalapeño salsa verde, cilantro, and queso fresco.

Baskerville, who also serves as brewmaster, notes that their tap choices cover the spectrum, from the crisp Hardwood Classic pilsner to the Black Is Beautiful imperial stout. Baskerville created an international movement with his Black Is Beautiful initiative to promote racial equity breweries around the world followed his stout recipe and donated all the proceeds from their iterations to social-justice nonprofits. The beer has become part of the Weathered Souls identity and brought in a more diverse crowd. Baskerville most enjoys a glass of it all on its own. &ldquoI wouldn&rsquot pair that with barbecue, because more than likely you&rsquore not going to finish your meal,&rdquo he jokes. He recommends a meat pairing with the West Coast IPA or the Castling schwarzbier, a dark lager I liked so much that I brought home a couple of crowlers&mdashlarge aluminum cans filled with beer from the taps.

The smoked jackfruit (left) and MacRib sandwiches and a brown ale at Intrinsic Smokehouse and Brewery, in Garland. Photograph by Daniel Vaughn

Intrinsic Smokehouse and Brewery

Garland

Cary Hodson and his wife, Molly Malone, opened their joint on December 5, 2015&mdashhis thirtieth birthday as well as the anniversary of the Twenty-first Amendment&rsquos ratification, which repealed Prohibition in 1933. You could say Hodson was born to brew beer. He loves barbecue too, so when deciding which route to take for his new venture, he chose both.

Intrinsic had naysayers in the beginning. Hodson remembers meat aficionados complaining, &ldquoThey&rsquore a brewery, so they don&rsquot take the barbecue seriously,&rdquo and vice versa from the beer nerds. But time has validated his initial instincts. Brewmaster Travis Ehlers increased Intrinsic&rsquos beer offerings from 6 to 21, and pitmaster Joshua Browning revamped a once simple barbecue menu to include an array of specialty sandwiches, including vegetarian options such as the smoked jackfruit, whose flavor is remarkably similar to that of pulled pork. There&rsquos also a Sunday brunch.


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

Craft smoked meats and craft beers come together beautifully at these San Antonio, Garland, and Corpus Christi joints.

The craft beer and barbecue movements in Texas have grown hand in hand over the past decade. Despite the similar devotion of their fans and dedication of their practitioners, however, they haven&rsquot exactly had a symbiotic relationship but for the occasional barbecue truck parked outside of a brewery. San Antonio&rsquos Granary &rsquoCue & Brew, which opened in 2012, received national acclaim for its handcrafted beers and barbecue before closing in 2019. Over the years, other notable operations serving both items appeared on the Texas scene, including Cowtown Brewing Co., in Fort Worth, and Brick Vault Brewery and Barbecue, in Marathon. The natural progression has since continued, with more brewers pairing their pints with smoked meats, spurred in part by the pandemic. (Barbecue proved particularly resilient during the dining restrictions, while craft beer production fell for the first time in recent history.) Here are three joints that do both well.

The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Left: The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Top: Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Weathered Souls Brewing Company

サンアントニオ

Mike Holt is relieved to have customers back in his taproom, near San Antonio&rsquos airport. &ldquoIt&rsquos meant to be a real communal, conversational environment,&rdquo he says of Weathered Souls, so shutting down during the pandemic was more than just a monetary drag. At the beginning of 2020, Holt and co-owner Marcus Baskerville had welcomed one of the city&rsquos best barbecue joints, South BBQ, to take over the kitchen. The new menu was slashed back to just take-out burgers and appetizers until the doors reopened for diners later in the year.

The O.G. Burger is no slouch. Andrew Samia, owner of South BBQ, uses Prime-grade brisket trim for the smashed burger (get the double), which comes on a soft bun with all the fixings. On the lighter side is the brisket-stuffed avocado. Okay, it&rsquos not that light, but the perfectly ripe fruit comes nestled in a delicately dressed arugula salad. On top are chopped brisket, jalapeño salsa verde, cilantro, and queso fresco.

Baskerville, who also serves as brewmaster, notes that their tap choices cover the spectrum, from the crisp Hardwood Classic pilsner to the Black Is Beautiful imperial stout. Baskerville created an international movement with his Black Is Beautiful initiative to promote racial equity breweries around the world followed his stout recipe and donated all the proceeds from their iterations to social-justice nonprofits. The beer has become part of the Weathered Souls identity and brought in a more diverse crowd. Baskerville most enjoys a glass of it all on its own. &ldquoI wouldn&rsquot pair that with barbecue, because more than likely you&rsquore not going to finish your meal,&rdquo he jokes. He recommends a meat pairing with the West Coast IPA or the Castling schwarzbier, a dark lager I liked so much that I brought home a couple of crowlers&mdashlarge aluminum cans filled with beer from the taps.

The smoked jackfruit (left) and MacRib sandwiches and a brown ale at Intrinsic Smokehouse and Brewery, in Garland. Photograph by Daniel Vaughn

Intrinsic Smokehouse and Brewery

Garland

Cary Hodson and his wife, Molly Malone, opened their joint on December 5, 2015&mdashhis thirtieth birthday as well as the anniversary of the Twenty-first Amendment&rsquos ratification, which repealed Prohibition in 1933. You could say Hodson was born to brew beer. He loves barbecue too, so when deciding which route to take for his new venture, he chose both.

Intrinsic had naysayers in the beginning. Hodson remembers meat aficionados complaining, &ldquoThey&rsquore a brewery, so they don&rsquot take the barbecue seriously,&rdquo and vice versa from the beer nerds. But time has validated his initial instincts. Brewmaster Travis Ehlers increased Intrinsic&rsquos beer offerings from 6 to 21, and pitmaster Joshua Browning revamped a once simple barbecue menu to include an array of specialty sandwiches, including vegetarian options such as the smoked jackfruit, whose flavor is remarkably similar to that of pulled pork. There&rsquos also a Sunday brunch.


バーベキューを真剣に受け止めている3つの醸造所

Craft smoked meats and craft beers come together beautifully at these San Antonio, Garland, and Corpus Christi joints.

The craft beer and barbecue movements in Texas have grown hand in hand over the past decade. Despite the similar devotion of their fans and dedication of their practitioners, however, they haven&rsquot exactly had a symbiotic relationship but for the occasional barbecue truck parked outside of a brewery. San Antonio&rsquos Granary &rsquoCue & Brew, which opened in 2012, received national acclaim for its handcrafted beers and barbecue before closing in 2019. Over the years, other notable operations serving both items appeared on the Texas scene, including Cowtown Brewing Co., in Fort Worth, and Brick Vault Brewery and Barbecue, in Marathon. The natural progression has since continued, with more brewers pairing their pints with smoked meats, spurred in part by the pandemic. (Barbecue proved particularly resilient during the dining restrictions, while craft beer production fell for the first time in recent history.) Here are three joints that do both well.

The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Left: The South BBQ brisket served at Weathered Souls.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Top: Marcus Baskerville pours a pint of the Ladder Werk lager at Weathered Souls Brewing Company, in San Antonio.

Photograph by Mackenzie Smith Kelley

Weathered Souls Brewing Company

サンアントニオ

Mike Holt is relieved to have customers back in his taproom, near San Antonio&rsquos airport. &ldquoIt&rsquos meant to be a real communal, conversational environment,&rdquo he says of Weathered Souls, so shutting down during the pandemic was more than just a monetary drag. At the beginning of 2020, Holt and co-owner Marcus Baskerville had welcomed one of the city&rsquos best barbecue joints, South BBQ, to take over the kitchen. The new menu was slashed back to just take-out burgers and appetizers until the doors reopened for diners later in the year.

The O.G. Burger is no slouch. Andrew Samia, owner of South BBQ, uses Prime-grade brisket trim for the smashed burger (get the double), which comes on a soft bun with all the fixings. On the lighter side is the brisket-stuffed avocado. Okay, it&rsquos not that light, but the perfectly ripe fruit comes nestled in a delicately dressed arugula salad. On top are chopped brisket, jalapeño salsa verde, cilantro, and queso fresco.

Baskerville, who also serves as brewmaster, notes that their tap choices cover the spectrum, from the crisp Hardwood Classic pilsner to the Black Is Beautiful imperial stout. Baskerville created an international movement with his Black Is Beautiful initiative to promote racial equity breweries around the world followed his stout recipe and donated all the proceeds from their iterations to social-justice nonprofits. The beer has become part of the Weathered Souls identity and brought in a more diverse crowd. Baskerville most enjoys a glass of it all on its own. &ldquoI wouldn&rsquot pair that with barbecue, because more than likely you&rsquore not going to finish your meal,&rdquo he jokes. He recommends a meat pairing with the West Coast IPA or the Castling schwarzbier, a dark lager I liked so much that I brought home a couple of crowlers&mdashlarge aluminum cans filled with beer from the taps.

The smoked jackfruit (left) and MacRib sandwiches and a brown ale at Intrinsic Smokehouse and Brewery, in Garland. Photograph by Daniel Vaughn

Intrinsic Smokehouse and Brewery

Garland

Cary Hodson and his wife, Molly Malone, opened their joint on December 5, 2015&mdashhis thirtieth birthday as well as the anniversary of the Twenty-first Amendment&rsquos ratification, which repealed Prohibition in 1933. You could say Hodson was born to brew beer. He loves barbecue too, so when deciding which route to take for his new venture, he chose both.

Intrinsic had naysayers in the beginning. Hodson remembers meat aficionados complaining, &ldquoThey&rsquore a brewery, so they don&rsquot take the barbecue seriously,&rdquo and vice versa from the beer nerds. But time has validated his initial instincts. Brewmaster Travis Ehlers increased Intrinsic&rsquos beer offerings from 6 to 21, and pitmaster Joshua Browning revamped a once simple barbecue menu to include an array of specialty sandwiches, including vegetarian options such as the smoked jackfruit, whose flavor is remarkably similar to that of pulled pork. There&rsquos also a Sunday brunch.


ビデオを見る: 燕市の企業が作るこだわりの調理器具 実店舗での販売は体験がカギ新潟 210827 19:00 (12月 2021).