新しいレシピ

有名シェフのナイジェラ・ローソンがクリーンな食事を非難:「摂食障害を覆い隠す」

有名シェフのナイジェラ・ローソンがクリーンな食事を非難:「摂食障害を覆い隠す」

ローソン氏はロンドンで開催されたJW3スピーカーシリーズで、クリーンな食事の傾向を批判し、危険だとほのめかしました。

ウィキメディアコモンズ

「人々は、摂食障害や大きな不幸感や自分の体に対する不安を隠す方法として、特定の食事療法を使用しています」とローソンは言います。

きれいな食事は流行のダイエットデュジュールかもしれませんが、誰もがファンであるわけではありません。テレビのパーソナリティで有名シェフのナイジェラ・ローソンが、彼女の軽蔑について語りました。 きれいに食べる、彼女は、摂食障害を隠すための松葉杖としてよく使われると言います。

クリーンな食事は、ダイエットの変化と同じくらいライフスタイルの変化を強調する傾向です。クリーンな食事をする人は、ファーマーズマーケットで買い物をし、冷蔵庫や食器棚に有機果物や野菜を入れ、ほとんどの加工食品に近づかないようにします。

「食べ物を使って自己祝福する方法があります-あなたはそのように食べているのであなたはより良い人です-またはあなたはあなた自身があなたが望むものを食べることを許さないので自己迫害するために」 彼女はJW3スピーカーシリーズで言った、 ロンドンで開催された著名な演説家による一連の講演。 「私は一般的に、薄い方が常に良いと考えられているのであれば、それは食べ物ではないと思います。結果として何が起こるかというと、どういうわけかあなたはより良い人として見られているということです。」

これは初めてではありません NS 単にナイジェラ テレビの司会者は、新しいきれいな食事の傾向に対する彼女の軽蔑について話しました。 BBCのテレビ番組とのインタビュー中に、 女性の時間、彼女はその傾向に嫌悪感を示した。

ローソンは、不健康な食べ物への執着に個人的な不満を持っており、最近、自分の母親の摂食障害との闘いについてオープンになりました。

「末期の病気になるまで食事を楽しむのを待つのはひどいことです」と彼女は言いました。


「きれいな食事は私に拒食症を与えました」

イブは、恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

イブ・シモンズ(27歳)は、「きれいに食べる」Instagramページが多くの摂食障害のせいであると考えています。画像:太陽 出典:Whimn

イブは、恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

Nigella Lawson&aposs right-流行の流行のダイエットは、摂食障害の隠蔽工作です。

私は過去2年間、私をほぼ死に至らしめた摂食障害からの回復に費やしたので、私は知っています-そしてそれはすべて私が「きれいな食事」を始めたときに始まりました。

テレビシェフのナイジェラは、今週末のトロントでの講義で学生のグループに、「私たちは流行の時代に生きている」と語り、他の食品が「汚い」ことを示唆しているため、きれいな食事のアイデアにうんざりしていることを認めました。

そして、誰かがついにこれについて意味を語っているのを見てとてもうれしいです。

ナイジェラのように、私は人々が摂食障害を隠す方法として、きれいな食事(特定の脂肪、砂糖、動物性食品のカットに焦点を当てたさまざまな食事)を使用していることに同意します。

料理の女王ナイジェラ・ローソンは、新しい「きれいな食事」の傾向を嫌っています。画像:ゲッティ 出典:Whimn

それをすべて始めた「きれいに食べる」ブロガー

私は23歳で、「健康的な」食べ物を食べたり、カロリーを数えたりすることに夢中になり、最終的に食欲不振の診断に至りました。

今まで自分の体のことを心配したことはありませんでしたが、ファッション雑誌で最初の仕事に就いたとき、周りのすべての女性がどれほどスリムで、どれだけ食べていなかったかにますます気づきました。

オフィスでのおしゃべりはすべて食べ物が中心で、私の仲間は常に体重、食事、「きれいな食事」のレシピについて話し合っていました。

彼らは常にレシピを試し、ケール、キノア、亜麻仁で覆われた健康ブロガーのメリッサ・ヘムズリーまたはマドリン・ショーから印象的なランチを持ち込んでいます。

若くて印象的なジャーナリストとして、私はこれらの女性を調べました-それで私は家に帰って次の日のためにまったく同じことをします。彼らと同じように、「きれいに食べるクラブ」の一員になりたかったのです。

すぐに私は自分でレシピを調べて、Instagramでブロガーをフォローしていました。 「健康的な」食生活について読むほど、夢中になります。

私はInstagramが私に「より良い選択」であると言ったことを作り始め、乳製品のミルクをアーモンドミルクに交換し、でんぷん質の少ない炭水化物を食べようとしました。

私はこれらの健康ブロガーに夢中になっていて、彼ら全員が言ったことを正確に実行しました-そして突然それはドミノ効果のようでした。

断食は新陳代謝に良いので、私は朝食を食べるのをやめました。

それから、グルテンが悪魔の産卵だったので、私はパンを食べるのをやめました。

1か月後、私はビーガンに行くことに決め、ミルク、バター、チーズ、ヨーグルト、卵などのすべての乳製品をあきらめました。

私はそれについて話すことに夢中になりました、そして私はボグ標準の昼食に加えられた砂糖の量について聞くだろう誰にでも説教しました。

他の誰にとっても、私は自分の流行の食事が健康上の理由であると偽ることができました-それはそもそも真実でした。

しかし、私ができるだけ少ないカロリーを食べて体重を減らすことがすぐに重要になりました-そしてこれらの食事療法は大きな覆いになり、人々は私がどれだけ食べていないかを知りませんでした。

Madeline Shaw&apossのInstagramページでサツマイモのブラウニーのレシピを見つけて、友達にブラウニーのような悪いものを食べていることを証明してもらいましたが、実際には約3カロリーでした。

拒食症の完璧な隠蔽

ビーガンであることは、家族のパーティーでケーキを断ったり、ママとアポスの安っぽいパスタ焼きを食べることを拒否したりするのを簡単にしました。

私はケールとカリフラワーライスの食事で生き残っていました、私は栄養失調でした、そして私の体重は急落し始めました。

わずか6か月で、私は健康的なサイズ8〜10から小さなサイズ4になりました。そして、私は平均的な11歳と同じ体重でした。必要なビタミンやミネラルを手に入れていませんでした。

母は私を医者に連れて行き、私は病院に入院し、食欲不振と診断されました。

私は私の体に燃料を補給する医者によって治療されました、そして私は私の摂食障害を理解するのを手伝ってくれた精神科医と栄養士を見ました。

6週間後、私は退院し、家に帰り、食べ物との健全な関係を再構築しようとしました。

イブは現在、「植物ベースではない」を運営しています。これは、不健康で健康的な食品に対する認識の変化を専門とするウェブサイトです。画像:太陽。 出典:Whimn

きれいに食べるブロガーは責任を取る必要があります

今、2年後、私は幸せで健康になり、私が欲しいものを食べます-しかし、私は資格がないにもかかわらず、何を食べるべきかを教えてくれた資格のないInstagramスターに永遠に激怒します。

私がフォローしたきれいな食事のアカウントには、私や他の若い女性に何を食べるべきかを教える権限はありませんでしたが、フォロワーがたくさんいて、健康的な食事のきれいな写真を投稿していたので、彼らは正しいと信じていました。

私はこれがどれほど間違っているかを十分に強調することはできません。

きれいな食事をとることは、あなたが必要なすべての栄養素を手に入れることを意味しません。

私たちは文字通り、骨粗鬆症の女性の世代になります。なぜなら、重要な食品グループを切り取って日記や必須アミノ酸を奪う食事療法を続けている間、骨を強く保つのに十分なカルシウムを摂取できなかったからです。

それは私をとても生き生きとさせます。

マドリン・ショーやナターシャ・コレットのように、節度とバランスを信じていると言っている、きれいに食べるブロガーは、手遅れになる前に立ち上がって責任を取る必要があると私は信じています。

彼らは人々の生活を台無しにしている-そしてこれらのアカウントは禁止される必要があり、私たちは人々を怖がらせて普通の食べ物を食べることができないように脅迫するのをやめる必要がある。

人々はアドバイスを求めてInstagramに行くのをやめ、代わりに栄養士に目を向ける必要があります。

しかし、1日に果物と野菜を10部食べる必要があるという政府のキャンペーンも同様に悪いものであり、より管理しやすい目標が必要です。

食べ物についての不安や心配が多すぎます。パン、肉、乳製品を食べても、誰もがガンになることはありません。

イブシモンズは植物ベースではありません-問題を抱えた食べる人を助けるウェブサイト。

この記事は元々TheSunに掲載されており、許可を得てここに再公開されています。


「きれいな食事は私に拒食症を与えました」

イブは、彼女の恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

イブ・シモンズ(27歳)は、「きれいに食べる」Instagramページが多くの摂食障害のせいであると考えています。画像:太陽 出典:Whimn

イブは、恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

Nigella Lawson&aposs right-流行の流行のダイエットは、摂食障害の隠蔽工作です。

私は過去2年間、私をほぼ死に至らしめた摂食障害からの回復に費やしたので、私は知っています-そしてそれはすべて私が「きれいな食事」を始めたときに始まりました。

テレビシェフのナイジェラは、今週末のトロントでの講義で学生のグループに、「私たちは流行の時代に生きている」と語り、他の食品が「汚い」ことを示唆しているため、きれいな食事のアイデアにうんざりしていることを認めました。

そして、誰かがついにこれについて意味を語っているのを見てとてもうれしいです。

ナイジェラのように、私は人々が摂食障害を隠す方法として、きれいな食事(特定の脂肪、砂糖、動物性食品のカットに焦点を当てたさまざまな食事)を使用していることに同意します。

料理の女王ナイジェラ・ローソンは、新しい「きれいな食事」の傾向を嫌っています。画像:ゲッティ 出典:Whimn

それをすべて始めた「きれいに食べる」ブロガー

私は23歳で、「健康的な」食べ物を食べたり、カロリーを数えたりすることに夢中になり、最終的に食欲不振の診断に至りました。

今まで自分の体のことを心配したことはありませんでしたが、ファッション雑誌で最初の仕事に就いたとき、周りのすべての女性がどれほどスリムで、どれだけ食べていなかったかにますます気づきました。

オフィスでのおしゃべりはすべて食べ物が中心で、私の仲間は常に体重、食事、「きれいな食事」のレシピについて話し合っていました。

彼らは常にレシピを試し、ケール、キノア、亜麻仁で覆われた健康ブロガーのメリッサ・ヘムズリーまたはマドリン・ショーから印象的なランチを持ち込んでいます。

若くて印象的なジャーナリストとして、私はこれらの女性を調べました-それで私は家に帰って次の日のためにまったく同じことをします。彼らと同じように、「きれいに食べるクラブ」の一員になりたかったのです。

すぐに私は自分でレシピを調べて、Instagramでブロガーをフォローしていました。 「健康的な」食生活について読むほど、夢中になります。

私はInstagramが私に「より良い選択」であると言ったことを作り始め、乳製品のミルクをアーモンドミルクに交換し、でんぷん質の少ない炭水化物を食べようとしました。

私はこれらの健康ブロガーに夢中になっていて、彼ら全員が言ったことを正確に実行しました-そして突然それはドミノ効果のようでした。

断食は新陳代謝に良いので、私は朝食を食べるのをやめました。

それから、グルテンが悪魔の産卵だったので、私はパンを食べるのをやめました。

1か月後、私はビーガンに行くことに決め、ミルク、バター、チーズ、ヨーグルト、卵などのすべての乳製品をあきらめました。

私はそれについて話すことに夢中になりました、そして私はボグ標準の昼食に加えられた砂糖の量について聞くだろう誰にでも説教しました。

他の誰にとっても、私は自分の流行の食事が健康上の理由であると偽ることができました-それはそもそも真実でした。

しかし、私ができるだけ少ないカロリーを食べて体重を減らすことがすぐに重要になりました-そしてこれらの食事療法は素晴らしい覆い隠しになり、人々は私がどれだけ食べていないかを知らなかったのです。

Madeline Shaw&apossのInstagramページでサツマイモのブラウニーのレシピを見つけて、友達にブラウニーのような悪いものを食べていることを証明してもらいましたが、実際には約3カロリーでした。

拒食症の完璧な隠蔽

ビーガンであることは、家族のパーティーでケーキを断ったり、ママとアポスの安っぽいパスタ焼きを食べることを拒否したりするのを簡単にしました。

私はケールとカリフラワーライスの食事で生き残っていました、私は栄養失調でした、そして私の体重は急落し始めました。

わずか6か月で、私は健康的なサイズ8〜10から小さなサイズ4になりました。そして、私は平均的な11歳と同じ体重でした。必要なビタミンやミネラルを手に入れていませんでした。

母は私を医者に連れて行き、私は病院に入院し、食欲不振と診断されました。

私は私の体に燃料を補給する医者によって治療されました、そして私は私の摂食障害を理解するのを手伝ってくれた精神科医と栄養士を見ました。

6週間後、私は退院し、家に帰り、食べ物との健全な関係を再構築しようとしました。

イブは現在、「植物ベースではない」を運営しています。これは、不健康で健康的な食品に対する認識の変化を専門とするウェブサイトです。画像:太陽。 出典:Whimn

きれいに食べるブロガーは責任を取る必要があります

今、2年後、私は幸せで健康になり、私が欲しいものを食べます-しかし、私は資格がないにもかかわらず、何を食べるべきかを教えてくれた資格のないInstagramスターに永遠に激怒します。

私がフォローしたきれいな食事のアカウントには、私や他の若い女性に何を食べるべきかを教える権限はありませんでしたが、フォロワーがたくさんいて、健康的な食事のきれいな写真を投稿していたので、彼らは正しいと信じていました。

私はこれがどれほど間違っているかを十分に強調することはできません。

きれいな食事をとることは、あなたが必要なすべての栄養素を手に入れることを意味しません。

私たちは文字通り、骨粗鬆症の女性の世代になります。なぜなら、重要な食品グループを切り取って日記や必須アミノ酸を奪う食事療法を続けている間、骨を強く保つのに十分なカルシウムを摂取できなかったからです。

それは私をとても生き生きとさせます。

マドリン・ショーやナターシャ・コレットのように、節度とバランスを信じていると言っている、きれいに食べるブロガーは、手遅れになる前に立ち上がって責任を取る必要があると私は信じています。

彼らは人々の生活を台無しにしている-そしてこれらのアカウントは禁止される必要があり、私たちは人々を怖がらせて普通の食べ物を食べることができないように脅迫するのをやめる必要がある。

人々はアドバイスを求めてInstagramに行くのをやめ、代わりに栄養士に目を向ける必要があります。

しかし、1日に果物と野菜を10部食べる必要があるという政府のキャンペーンも同様に悪いものであり、より管理しやすい目標が必要です。

食べ物についての不安や心配が多すぎます。パン、肉、乳製品を食べても、誰もがガンになることはありません。

イブシモンズは植物ベースではありません-問題を抱えた食べる人を助けるウェブサイト。

この記事は元々TheSunに掲載されており、許可を得てここに再公開されています。


「きれいな食事は私に拒食症を与えました」

イブは、彼女の恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

イブ・シモンズ(27歳)は、「きれいに食べる」Instagramページが多くの摂食障害のせいであると考えています。画像:太陽 出典:Whimn

イブは、恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

Nigella Lawson&aposs right-流行の流行のダイエットは、摂食障害の隠蔽工作です。

私は過去2年間、私をほぼ死に至らしめた摂食障害からの回復に費やしたので、私は知っています-そしてそれはすべて私が「きれいな食事」を始めたときに始まりました。

テレビシェフのナイジェラは、今週末のトロントでの講義で学生のグループに、「私たちは流行の時代に生きている」と語り、他の食品が「汚い」ことを示唆しているため、きれいな食事のアイデアにうんざりしていることを認めました。

そして、誰かがついにこれについて意味を語っているのを見てとてもうれしいです。

ナイジェラのように、私は人々が摂食障害を隠す方法として、きれいな食事(特定の脂肪、砂糖、動物性食品のカットに焦点を当てたさまざまな食事)を使用していることに同意します。

料理の女王ナイジェラ・ローソンは、新しい「きれいな食事」の傾向を嫌っています。画像:ゲッティ 出典:Whimn

それをすべて始めた「きれいに食べる」ブロガー

私は23歳で、「健康的な」食べ物を食べたり、カロリーを数えたりすることに夢中になり、最終的に食欲不振の診断に至りました。

今まで自分の体のことを心配したことはありませんでしたが、ファッション雑誌で最初の仕事に就いたとき、周りのすべての女性がどれほどスリムで、どれだけ食べていなかったかにますます気づきました。

オフィスでのおしゃべりはすべて食べ物が中心で、私の仲間は常に体重、食事、「きれいな食事」のレシピについて話し合っていました。

彼らは常にレシピを試し、ケール、キノア、亜麻仁で覆われた健康ブロガーのメリッサ・ヘムズリーまたはマドリン・ショーから印象的なランチを持ち込んでいます。

若くて印象的なジャーナリストとして、私はこれらの女性を調べました-それで私は家に帰って次の日のためにまったく同じことをします。彼らと同じように、「きれいに食べるクラブ」の一員になりたかったのです。

すぐに私は自分でレシピを調べて、Instagramでブロガーをフォローしていました。 「健康的な」食生活について読むほど、夢中になります。

私はInstagramが私に「より良い選択」であると言ったことを作り始め、乳製品のミルクをアーモンドミルクに交換し、でんぷん質の少ない炭水化物を食べようとしました。

私はこれらの健康ブロガーに夢中になっていて、彼ら全員が言ったことを正確に実行しました-そして突然それはドミノ効果のようでした。

断食は新陳代謝に良いので、私は朝食を食べるのをやめました。

それから、グルテンが悪魔の産卵だったので、私はパンを食べるのをやめました。

1か月後、私はビーガンに行くことに決め、ミルク、バター、チーズ、ヨーグルト、卵などのすべての乳製品をあきらめました。

私はそれについて話すことに夢中になりました、そして私はボグ標準の昼食に加えられた砂糖の量について聞くだろう誰にでも説教しました。

他の誰にとっても、私は自分の流行の食事が健康上の理由であると偽ることができました-それはそもそも真実でした。

しかし、私ができるだけ少ないカロリーを食べて体重を減らすことがすぐに重要になりました-そしてこれらの食事療法は大きな覆いになり、人々は私がどれだけ食べていないかを知りませんでした。

Madeline Shaw&apossのInstagramページでサツマイモのブラウニーのレシピを見つけて、友達にブラウニーのような悪いものを食べていることを証明してもらいましたが、実際には約3カロリーでした。

拒食症の完璧な隠蔽

ビーガンであることは、家族のパーティーでケーキを断ったり、ママとアポスの安っぽいパスタ焼きを食べることを拒否したりするのを簡単にしました。

私はケールとカリフラワーライスの食事で生き残っていました、私は栄養失調でした、そして私の体重は急落し始めました。

わずか6か月で、私は健康的なサイズ8〜10から小さなサイズ4になりました。そして、私は平均的な11歳と同じ体重でした。必要なビタミンやミネラルを手に入れていませんでした。

母は私を医者に連れて行き、私は病院に入院し、食欲不振と診断されました。

私は私の体に燃料を補給する医者によって治療されました、そして私は私の摂食障害を理解するのを手伝ってくれた精神科医と栄養士を見ました。

6週間後、私は退院し、家に帰り、食べ物との健全な関係を再構築しようとしました。

イブは現在、「植物ベースではない」を運営しています。これは、不健康で健康的な食品に対する認識の変化を専門とするウェブサイトです。画像:太陽。 出典:Whimn

きれいに食べるブロガーは責任を取る必要があります

今、2年後、私は幸せで健康になり、私が欲しいものを食べます-しかし、私は資格がないにもかかわらず、何を食べるべきかを教えてくれた資格のないInstagramスターに永遠に激怒します。

私がフォローしたきれいな食事のアカウントには、私や他の若い女性に何を食べるべきかを教える権限はありませんでしたが、フォロワーがたくさんいて、健康的な食事のきれいな写真を投稿していたので、彼らは正しいと信じていました。

私はこれがどれほど間違っているかを十分に強調することはできません。

きれいな食事をとることは、あなたが必要なすべての栄養素を手に入れることを意味しません。

私たちは文字通り、骨粗鬆症の女性の世代になります。なぜなら、重要な食品グループを切り取って日記や必須アミノ酸を奪う食事療法を続けている間、骨を強く保つのに十分なカルシウムを摂取できなかったからです。

それは私をとても生き生きとさせます。

マドリン・ショーやナターシャ・コレットのように、節度とバランスを信じていると言っている、きれいに食べるブロガーは、手遅れになる前に立ち上がって責任を取る必要があると私は信じています。

彼らは人々の生活を台無しにしている-そしてこれらのアカウントは禁止される必要があり、私たちは人々を怖がらせて普通の食べ物を食べることができないように脅迫するのをやめる必要がある。

人々はアドバイスを求めてInstagramに行くのをやめ、代わりに栄養士に目を向ける必要があります。

しかし、1日に果物と野菜を10部食べる必要があるという政府のキャンペーンも同様に悪いものであり、より管理しやすい目標が必要です。

食べ物についての不安や心配が多すぎます。パン、肉、乳製品を食べても、誰もがガンになることはありません。

イブシモンズは植物ベースではありません-問題を抱えた食べる人を助けるウェブサイト。

この記事は元々TheSunに掲載されており、許可を得てここに再公開されています。


「きれいな食事は私に拒食症を与えました」

イブは、彼女の恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

イブ・シモンズ(27歳)は、「きれいに食べる」Instagramページが多くの摂食障害のせいであると考えています。画像:太陽 出典:Whimn

イブは、彼女の恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

Nigella Lawson&aposs right-流行の流行のダイエットは、摂食障害の隠蔽工作です。

私は過去2年間、私をほぼ死に至らしめた摂食障害からの回復に費やしたので、私は知っています-そしてそれはすべて私が「きれいな食事」を始めたときに始まりました。

テレビシェフのナイジェラは、今週末のトロントでの講義で学生のグループに、「私たちは流行の時代に生きている」と語り、他の食品が「汚い」ことを示唆しているため、きれいな食事のアイデアにうんざりしていることを認めました。

そして、誰かがついにこれについて意味を語っているのを見てとてもうれしいです。

ナイジェラのように、私は人々が摂食障害を隠す方法として、きれいな食事(特定の脂肪、砂糖、動物性食品のカットに焦点を当てたさまざまな食事)を使用していることに同意します。

料理の女王ナイジェラ・ローソンは、新しい「きれいな食事」の傾向を嫌っています。画像:ゲッティ 出典:Whimn

それをすべて始めた「きれいに食べる」ブロガー

私は23歳で、「健康的な」食べ物を食べたり、カロリーを数えたりすることに夢中になり、最終的に食欲不振の診断に至りました。

今まで自分の体のことを心配したことはありませんでしたが、ファッション雑誌で最初の仕事に就いたとき、周りのすべての女性がどれほどスリムで、どれだけ食べていなかったかにますます気づきました。

オフィスでのおしゃべりはすべて食べ物が中心で、私の仲間は常に体重、食事、「きれいな食事」のレシピについて話し合っていました。

彼らは常にレシピを試し、ケール、キノア、亜麻仁で覆われた健康ブロガーのメリッサ・ヘムズリーまたはマドリン・ショーから印象的なランチを持ち込んでいます。

若くて印象的なジャーナリストとして、私はこれらの女性を調べました-それで私は家に帰って次の日のためにまったく同じことをします。彼らと同じように、「きれいに食べるクラブ」の一員になりたかったのです。

すぐに私は自分でレシピを調べて、Instagramでブロガーをフォローしていました。 「健康的な」食生活について読むほど、夢中になります。

私はInstagramが私に「より良い選択」であると言ったことを作り始め、乳製品のミルクをアーモンドミルクに交換し、でんぷん質の少ない炭水化物を食べようとしました。

私はこれらの健康ブロガーに夢中になっていて、彼ら全員が言ったことを正確に実行しました-そして突然それはドミノ効果のようでした。

断食は新陳代謝に良いので、私は朝食を食べるのをやめました。

それから、グルテンが悪魔の産卵だったので、私はパンを食べるのをやめました。

1か月後、私はビーガンに行くことに決め、ミルク、バター、チーズ、ヨーグルト、卵などのすべての乳製品をあきらめました。

私はそれについて話すことに夢中になりました、そして私はボグ標準の昼食に加えられた砂糖の量について聞くだろう誰にでも説教しました。

他の誰にとっても、私は自分の流行の食事が健康上の理由であると偽ることができました-それはそもそも真実でした。

しかし、私ができるだけ少ないカロリーを食べて体重を減らすことがすぐに重要になりました-そしてこれらの食事療法は大きな覆いになり、人々は私がどれだけ食べていないかを知りませんでした。

Madeline Shaw&apossのInstagramページでサツマイモのブラウニーのレシピを見つけて、友達にブラウニーのような悪いものを食べていることを証明してもらいましたが、実際には約3カロリーでした。

拒食症の完璧な隠蔽

ビーガンであることは、家族のパーティーでケーキを断ったり、ママとアポスの安っぽいパスタ焼きを食べることを拒否したりするのを簡単にしました。

私はケールとカリフラワーライスの食事で生き残っていました、私は栄養失調でした、そして私の体重は急落し始めました。

わずか6か月で、私は健康的なサイズ8〜10から小さなサイズ4になりました。そして、私は平均的な11歳と同じ体重でした。必要なビタミンやミネラルを手に入れていませんでした。

母は私を医者に連れて行き、私は病院に入院し、食欲不振と診断されました。

私は私の体に燃料を補給する医者によって治療されました、そして私は私の摂食障害を理解するのを手伝ってくれた精神科医と栄養士を見ました。

6週間後、私は退院し、家に帰り、食べ物との健全な関係を再構築しようとしました。

イブは現在、「植物ベースではない」を運営しています。これは、不健康で健康的な食品に対する認識の変化を専門とするウェブサイトです。画像:太陽。 出典:Whimn

きれいに食べるブロガーは責任を取る必要があります

今、2年後、私は幸せで健康になり、私が欲しいものを食べます-しかし、私は資格がないにもかかわらず、何を食べるべきかを教えてくれた資格のないInstagramスターに永遠に激怒します。

私がフォローしたきれいな食事のアカウントには、私や他の若い女性に何を食べるべきかを教える権限はありませんでしたが、フォロワーがたくさんいて、健康的な食事のきれいな写真を投稿していたので、彼らは正しいと信じていました。

私はこれがどれほど間違っているかを十分に強調することはできません。

きれいな食事をとることは、あなたが必要なすべての栄養素を手に入れることを意味しません。

私たちは文字通り、骨粗鬆症の女性の世代になります。なぜなら、重要な食品グループを切り取って日記や必須アミノ酸を奪う食事療法を続けている間、骨を強く保つのに十分なカルシウムを摂取できなかったからです。

それは私をとても生き生きとさせます。

マドリン・ショーやナターシャ・コレットのように、節度とバランスを信じていると言っている、きれいに食べるブロガーは、手遅れになる前に立ち上がって責任を取る必要があると私は信じています。

彼らは人々の生活を台無しにしている-そしてこれらのアカウントは禁止される必要があり、私たちは人々を怖がらせて普通の食べ物を食べることができないように脅迫するのをやめる必要がある。

人々はアドバイスを求めてInstagramに行くのをやめ、代わりに栄養士に目を向ける必要があります。

しかし、1日に果物と野菜を10部食べる必要があるという政府のキャンペーンも同様に悪いものであり、より管理しやすい目標が必要です。

食べ物についての不安や心配が多すぎます。パン、肉、乳製品を食べても、誰もがガンになることはありません。

イブシモンズは植物ベースではありません-問題を抱えた食べる人を助けるウェブサイト。

この記事は元々TheSunに掲載されており、許可を得てここに再公開されています。


「きれいな食事は私に拒食症を与えました」

イブは、彼女の恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

イブ・シモンズ(27歳)は、「きれいに食べる」Instagramページが多くの摂食障害のせいであると考えています。画像:太陽 出典:Whimn

イブは、彼女の恐ろしい摂食障害を隠す方法として、ビーガンとグルテンフリーの食事を使用しました。

Nigella Lawson&aposs right-流行の流行のダイエットは、摂食障害の隠蔽工作です。

私は過去2年間、私をほぼ死に至らしめた摂食障害からの回復に費やしたので、私は知っています-そしてそれはすべて私が「きれいな食事」を始めたときに始まりました。

テレビシェフのナイジェラは、今週末のトロントでの講義で学生のグループに、「私たちは流行の時代に生きている」と語り、他の食品が「汚い」ことを示唆しているため、きれいな食事のアイデアにうんざりしていることを認めました。

そして、誰かがついにこれについて意味を語っているのを見てとてもうれしいです。

ナイジェラのように、私は人々が摂食障害を隠す方法として、きれいな食事(特定の脂肪、砂糖、動物性食品のカットに焦点を当てたさまざまな食事)を使用していることに同意します。

料理の女王ナイジェラ・ローソンは、新しい「きれいな食事」の傾向を嫌っています。画像:ゲッティ 出典:Whimn

それをすべて始めた「きれいに食べる」ブロガー

私は23歳で、「健康的な」食べ物を食べたり、カロリーを数えたりすることに夢中になり、最終的に食欲不振の診断に至りました。

今まで自分の体のことを心配したことはありませんでしたが、ファッション雑誌で最初の仕事に就いたとき、周りのすべての女性がどれほどスリムで、どれだけ食べていなかったかにますます気づきました。

オフィスでのおしゃべりはすべて食べ物が中心で、私の仲間は常に体重、食事、「きれいな食事」のレシピについて話し合っていました。

彼らは常にレシピを試し、ケール、キノア、亜麻仁で覆われた健康ブロガーのメリッサ・ヘムズリーまたはマドリン・ショーから印象的なランチを持ち込んでいます。

若くて印象的なジャーナリストとして、私はこれらの女性を調べました-それで私は家に帰って次の日のためにまったく同じことをします。彼らと同じように、「きれいに食べるクラブ」の一員になりたかったのです。

すぐに私は自分でレシピを調べて、Instagramでブロガーをフォローしていました。 「健康的な」食生活について読むほど、夢中になります。

私はInstagramが私に「より良い選択」であると言ったことを作り始め、乳製品のミルクをアーモンドミルクに交換し、でんぷん質の少ない炭水化物を食べようとしました。

私はこれらの健康ブロガーに夢中になっていて、彼ら全員が言ったことを正確に実行しました-そして突然それはドミノ効果のようでした。

断食は新陳代謝に良いので、私は朝食を食べるのをやめました。

それから、グルテンが悪魔の産卵だったので、私はパンを食べるのをやめました。

1か月後、私はビーガンに行くことに決め、ミルク、バター、チーズ、ヨーグルト、卵などのすべての乳製品をあきらめました。

私はそれについて話すことに夢中になりました、そして私はボグ標準の昼食に加えられた砂糖の量について聞くだろう誰にでも説教しました。

他の誰にとっても、私は自分の流行の食事が健康上の理由であると偽ることができました-それはそもそも真実でした。

しかし、私ができるだけ少ないカロリーを食べて体重を減らすことがすぐに重要になりました-そしてこれらの食事療法は大きな覆いになり、人々は私がどれだけ食べていないかを知りませんでした。

Madeline Shaw&apossのInstagramページでサツマイモのブラウニーのレシピを見つけて、友達にブラウニーのような悪いものを食べていることを証明してもらいましたが、実際には約3カロリーでした。

拒食症の完璧な隠蔽

ビーガンであることは、家族のパーティーでケーキを断ったり、ママとアポスの安っぽいパスタ焼きを食べることを拒否したりするのを簡単にしました。

私はケールとカリフラワーライスの食事で生き残っていました、私は栄養失調でした、そして私の体重は急落し始めました。

Within just six months, I&aposd gone from a healthy size 8-10 to a tiny size four - and I was the same weight as the average 11-year-old. I wasn&apost getting any of the vitamins or minerals that I needed.

My mum took me to the doctors and I was admitted to hospital and diagnosed with anorexia.

I was treated by doctors who re-fuelled my body and I saw psychiatrists and nutritionist who helped me understand my eating disorder.

After six weeks I was discharged and headed home to try and rebuild a healthy relationship with food.

Eve now runs 'Not Plant Based' - a website devoted to changing perceptions of unhealthy and healthy foods. Image: the Sun. Source:Whimn

Clean-eating bloggers need to take responsibility

Now, two years on I am happy and healthy and eat what the hell I want - but I will be forever furious with the unqualified Instagram stars who told me what to eat - despite being unqualified.

The clean-eating accounts I followed had zero authority to be telling me and other young women what to eat - yet because they had loads of followers and posted pretty pictures of healthy-looking meals, I believed they were right.

I cannot stress enough how wrong this is.

Following a clean-eating diet doesn&apost mean you get all the nutrients you need.

We are literally going to end up with a generation of women with osteoporosis because they didn&apost get enough calcium to keep their bones strong while following a diet which deprives them of diary and essential amino acids by cutting out vital food groups.

It just makes me so livid.

I will say it until I&aposm blue in the face - I believe clean-eating bloggers like like Madeleine Shaw and Natasha Corrett, who both say they believe in moderation and balance - need to stand up and take responsibility before it&aposs too late.

They are ruining people&aposs lives - and these accounts need to be banned and we need to stop scaremongering people into being too scared to eat normal food.

People need to stop going to Instagram for advice and look to nutritionists instead.

But government campaigns telling us we need to eat 10 portions of fruit and veg a day are just as bad - we need more manageable goal.

There&aposs too much anxiety and worry around food - eating bread, meat and dairy never gave anyone cancer.

Eve Simmons runs Not Plant Based - a website helping troubled eaters.

This article originally appeared in The Sun and is republished here with permission.


'Clean Eating Gave Me Anorexia'

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Eve Simmons, 27, thinks "clean-eating" Instagram pages are to blame for many eating disorders. Image: The Sun Source:Whimn

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Nigella Lawson&aposs right - trendy fad diets are a cover-up for eating disorders.

I know because I&aposve spent the last two years recovering from an eating disorder that nearly killed me - and it all began when I started "clean-eating."

TV chef Nigella told a group of students at a lecture in Toronto this weekend that “we live in an age of fads" and admitted being disgusted by the idea of clean eating - as it suggests other foods are "dirty."

And I am SO glad to see someone finally speaking sense about this.

Like Nigella, I agree that people are using clean eating - a range of diets which focus on cutting out certain fats, sugars and animal products - as a way to hide their eating disorders, because it&aposs exactly what happened to me.

Cooking Queen Nigella Lawson detests the new 'clean-eating' trend. Image: Getty Source:Whimn

The "clean-eating" bloggers that started it all

I was 23 when I became obsessed with eating "healthy" foods and calorie counting, which eventually led to a diagnosis of anorexia.

I&aposd never been worried about my body before, but when I got my first job at a fashion mag I became increasingly aware of how slim all the women around me were - and how little they ate.

Chatter in the office was all centred around food, with my peers constantly discussing their weight, diets and "clean eating" recipes.

They&aposd always be trying out recipes and bringing in impressive lunches from health blogger Melissa Hemsley or Madeleine Shaw, covered in kale, quinoa and linseed.

As a young and impressionable journalist, I looked up these women - so I&aposd go home and make the exact same thing for the next day. I wanted to be part of the "clean-eating club", just like them.

Soon I was looking up recipes and following bloggers on Instagram myself. The more I read about "healthy" eating habits the more obsessed I got.

I started making what Instagram told me were "healthier choices", swapping dairy milk for almond milk and trying to eat less starchy carbs.

I was so obsessed with these health bloggers I did exactly what they all said - and suddenly it was like a domino effect.

I stopped eating breakfast because fasting was good for the metabolism.

Then I stopped eating bread because gluten was the spawn of the devil.

A month later I decided to go vegan and gave up all dairy - milk, butter, cheese, yogurt and eggs.

I was obsessed with talking about it, and I𠆝 preach to anyone who would listen about the amount of added sugar in bog-standard lunches.

To everyone else I could pretend my fad diets were for health reasons - which was true to begin with.

But it quickly became more important to me that I was eating as few calories as possible and losing weight - and these diets became a great cover up so people didn&apost see how little I was eating.

I&aposd find sweet potato brownie recipes on Madeline Shaw&aposs Instagram page and then make them for my friends to try and prove to them I was eating bad stuff like brownies - but really they had about three calories in them.

The perfect cover-up for anorexia

Being vegan made it easy to turn down cake at a family party or refuse to eat mum&aposs cheesy pasta bake, and pretending to be gluten intolerant to my friends meant I didn&apost have the pressure of eating pizza with them at social occasions.

I was surviving on a diet of kale and cauliflower rice, I was malnourished, and my weight began to plummet.

Within just six months, I&aposd gone from a healthy size 8-10 to a tiny size four - and I was the same weight as the average 11-year-old. I wasn&apost getting any of the vitamins or minerals that I needed.

My mum took me to the doctors and I was admitted to hospital and diagnosed with anorexia.

I was treated by doctors who re-fuelled my body and I saw psychiatrists and nutritionist who helped me understand my eating disorder.

After six weeks I was discharged and headed home to try and rebuild a healthy relationship with food.

Eve now runs 'Not Plant Based' - a website devoted to changing perceptions of unhealthy and healthy foods. Image: the Sun. Source:Whimn

Clean-eating bloggers need to take responsibility

Now, two years on I am happy and healthy and eat what the hell I want - but I will be forever furious with the unqualified Instagram stars who told me what to eat - despite being unqualified.

The clean-eating accounts I followed had zero authority to be telling me and other young women what to eat - yet because they had loads of followers and posted pretty pictures of healthy-looking meals, I believed they were right.

I cannot stress enough how wrong this is.

Following a clean-eating diet doesn&apost mean you get all the nutrients you need.

We are literally going to end up with a generation of women with osteoporosis because they didn&apost get enough calcium to keep their bones strong while following a diet which deprives them of diary and essential amino acids by cutting out vital food groups.

It just makes me so livid.

I will say it until I&aposm blue in the face - I believe clean-eating bloggers like like Madeleine Shaw and Natasha Corrett, who both say they believe in moderation and balance - need to stand up and take responsibility before it&aposs too late.

They are ruining people&aposs lives - and these accounts need to be banned and we need to stop scaremongering people into being too scared to eat normal food.

People need to stop going to Instagram for advice and look to nutritionists instead.

But government campaigns telling us we need to eat 10 portions of fruit and veg a day are just as bad - we need more manageable goal.

There&aposs too much anxiety and worry around food - eating bread, meat and dairy never gave anyone cancer.

Eve Simmons runs Not Plant Based - a website helping troubled eaters.

This article originally appeared in The Sun and is republished here with permission.


'Clean Eating Gave Me Anorexia'

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Eve Simmons, 27, thinks "clean-eating" Instagram pages are to blame for many eating disorders. Image: The Sun Source:Whimn

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Nigella Lawson&aposs right - trendy fad diets are a cover-up for eating disorders.

I know because I&aposve spent the last two years recovering from an eating disorder that nearly killed me - and it all began when I started "clean-eating."

TV chef Nigella told a group of students at a lecture in Toronto this weekend that “we live in an age of fads" and admitted being disgusted by the idea of clean eating - as it suggests other foods are "dirty."

And I am SO glad to see someone finally speaking sense about this.

Like Nigella, I agree that people are using clean eating - a range of diets which focus on cutting out certain fats, sugars and animal products - as a way to hide their eating disorders, because it&aposs exactly what happened to me.

Cooking Queen Nigella Lawson detests the new 'clean-eating' trend. Image: Getty Source:Whimn

The "clean-eating" bloggers that started it all

I was 23 when I became obsessed with eating "healthy" foods and calorie counting, which eventually led to a diagnosis of anorexia.

I&aposd never been worried about my body before, but when I got my first job at a fashion mag I became increasingly aware of how slim all the women around me were - and how little they ate.

Chatter in the office was all centred around food, with my peers constantly discussing their weight, diets and "clean eating" recipes.

They&aposd always be trying out recipes and bringing in impressive lunches from health blogger Melissa Hemsley or Madeleine Shaw, covered in kale, quinoa and linseed.

As a young and impressionable journalist, I looked up these women - so I&aposd go home and make the exact same thing for the next day. I wanted to be part of the "clean-eating club", just like them.

Soon I was looking up recipes and following bloggers on Instagram myself. The more I read about "healthy" eating habits the more obsessed I got.

I started making what Instagram told me were "healthier choices", swapping dairy milk for almond milk and trying to eat less starchy carbs.

I was so obsessed with these health bloggers I did exactly what they all said - and suddenly it was like a domino effect.

I stopped eating breakfast because fasting was good for the metabolism.

Then I stopped eating bread because gluten was the spawn of the devil.

A month later I decided to go vegan and gave up all dairy - milk, butter, cheese, yogurt and eggs.

I was obsessed with talking about it, and I𠆝 preach to anyone who would listen about the amount of added sugar in bog-standard lunches.

To everyone else I could pretend my fad diets were for health reasons - which was true to begin with.

But it quickly became more important to me that I was eating as few calories as possible and losing weight - and these diets became a great cover up so people didn&apost see how little I was eating.

I&aposd find sweet potato brownie recipes on Madeline Shaw&aposs Instagram page and then make them for my friends to try and prove to them I was eating bad stuff like brownies - but really they had about three calories in them.

The perfect cover-up for anorexia

Being vegan made it easy to turn down cake at a family party or refuse to eat mum&aposs cheesy pasta bake, and pretending to be gluten intolerant to my friends meant I didn&apost have the pressure of eating pizza with them at social occasions.

I was surviving on a diet of kale and cauliflower rice, I was malnourished, and my weight began to plummet.

Within just six months, I&aposd gone from a healthy size 8-10 to a tiny size four - and I was the same weight as the average 11-year-old. I wasn&apost getting any of the vitamins or minerals that I needed.

My mum took me to the doctors and I was admitted to hospital and diagnosed with anorexia.

I was treated by doctors who re-fuelled my body and I saw psychiatrists and nutritionist who helped me understand my eating disorder.

After six weeks I was discharged and headed home to try and rebuild a healthy relationship with food.

Eve now runs 'Not Plant Based' - a website devoted to changing perceptions of unhealthy and healthy foods. Image: the Sun. Source:Whimn

Clean-eating bloggers need to take responsibility

Now, two years on I am happy and healthy and eat what the hell I want - but I will be forever furious with the unqualified Instagram stars who told me what to eat - despite being unqualified.

The clean-eating accounts I followed had zero authority to be telling me and other young women what to eat - yet because they had loads of followers and posted pretty pictures of healthy-looking meals, I believed they were right.

I cannot stress enough how wrong this is.

Following a clean-eating diet doesn&apost mean you get all the nutrients you need.

We are literally going to end up with a generation of women with osteoporosis because they didn&apost get enough calcium to keep their bones strong while following a diet which deprives them of diary and essential amino acids by cutting out vital food groups.

It just makes me so livid.

I will say it until I&aposm blue in the face - I believe clean-eating bloggers like like Madeleine Shaw and Natasha Corrett, who both say they believe in moderation and balance - need to stand up and take responsibility before it&aposs too late.

They are ruining people&aposs lives - and these accounts need to be banned and we need to stop scaremongering people into being too scared to eat normal food.

People need to stop going to Instagram for advice and look to nutritionists instead.

But government campaigns telling us we need to eat 10 portions of fruit and veg a day are just as bad - we need more manageable goal.

There&aposs too much anxiety and worry around food - eating bread, meat and dairy never gave anyone cancer.

Eve Simmons runs Not Plant Based - a website helping troubled eaters.

This article originally appeared in The Sun and is republished here with permission.


'Clean Eating Gave Me Anorexia'

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Eve Simmons, 27, thinks "clean-eating" Instagram pages are to blame for many eating disorders. Image: The Sun Source:Whimn

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Nigella Lawson&aposs right - trendy fad diets are a cover-up for eating disorders.

I know because I&aposve spent the last two years recovering from an eating disorder that nearly killed me - and it all began when I started "clean-eating."

TV chef Nigella told a group of students at a lecture in Toronto this weekend that “we live in an age of fads" and admitted being disgusted by the idea of clean eating - as it suggests other foods are "dirty."

And I am SO glad to see someone finally speaking sense about this.

Like Nigella, I agree that people are using clean eating - a range of diets which focus on cutting out certain fats, sugars and animal products - as a way to hide their eating disorders, because it&aposs exactly what happened to me.

Cooking Queen Nigella Lawson detests the new 'clean-eating' trend. Image: Getty Source:Whimn

The "clean-eating" bloggers that started it all

I was 23 when I became obsessed with eating "healthy" foods and calorie counting, which eventually led to a diagnosis of anorexia.

I&aposd never been worried about my body before, but when I got my first job at a fashion mag I became increasingly aware of how slim all the women around me were - and how little they ate.

Chatter in the office was all centred around food, with my peers constantly discussing their weight, diets and "clean eating" recipes.

They&aposd always be trying out recipes and bringing in impressive lunches from health blogger Melissa Hemsley or Madeleine Shaw, covered in kale, quinoa and linseed.

As a young and impressionable journalist, I looked up these women - so I&aposd go home and make the exact same thing for the next day. I wanted to be part of the "clean-eating club", just like them.

Soon I was looking up recipes and following bloggers on Instagram myself. The more I read about "healthy" eating habits the more obsessed I got.

I started making what Instagram told me were "healthier choices", swapping dairy milk for almond milk and trying to eat less starchy carbs.

I was so obsessed with these health bloggers I did exactly what they all said - and suddenly it was like a domino effect.

I stopped eating breakfast because fasting was good for the metabolism.

Then I stopped eating bread because gluten was the spawn of the devil.

A month later I decided to go vegan and gave up all dairy - milk, butter, cheese, yogurt and eggs.

I was obsessed with talking about it, and I𠆝 preach to anyone who would listen about the amount of added sugar in bog-standard lunches.

To everyone else I could pretend my fad diets were for health reasons - which was true to begin with.

But it quickly became more important to me that I was eating as few calories as possible and losing weight - and these diets became a great cover up so people didn&apost see how little I was eating.

I&aposd find sweet potato brownie recipes on Madeline Shaw&aposs Instagram page and then make them for my friends to try and prove to them I was eating bad stuff like brownies - but really they had about three calories in them.

The perfect cover-up for anorexia

Being vegan made it easy to turn down cake at a family party or refuse to eat mum&aposs cheesy pasta bake, and pretending to be gluten intolerant to my friends meant I didn&apost have the pressure of eating pizza with them at social occasions.

I was surviving on a diet of kale and cauliflower rice, I was malnourished, and my weight began to plummet.

Within just six months, I&aposd gone from a healthy size 8-10 to a tiny size four - and I was the same weight as the average 11-year-old. I wasn&apost getting any of the vitamins or minerals that I needed.

My mum took me to the doctors and I was admitted to hospital and diagnosed with anorexia.

I was treated by doctors who re-fuelled my body and I saw psychiatrists and nutritionist who helped me understand my eating disorder.

After six weeks I was discharged and headed home to try and rebuild a healthy relationship with food.

Eve now runs 'Not Plant Based' - a website devoted to changing perceptions of unhealthy and healthy foods. Image: the Sun. Source:Whimn

Clean-eating bloggers need to take responsibility

Now, two years on I am happy and healthy and eat what the hell I want - but I will be forever furious with the unqualified Instagram stars who told me what to eat - despite being unqualified.

The clean-eating accounts I followed had zero authority to be telling me and other young women what to eat - yet because they had loads of followers and posted pretty pictures of healthy-looking meals, I believed they were right.

I cannot stress enough how wrong this is.

Following a clean-eating diet doesn&apost mean you get all the nutrients you need.

We are literally going to end up with a generation of women with osteoporosis because they didn&apost get enough calcium to keep their bones strong while following a diet which deprives them of diary and essential amino acids by cutting out vital food groups.

It just makes me so livid.

I will say it until I&aposm blue in the face - I believe clean-eating bloggers like like Madeleine Shaw and Natasha Corrett, who both say they believe in moderation and balance - need to stand up and take responsibility before it&aposs too late.

They are ruining people&aposs lives - and these accounts need to be banned and we need to stop scaremongering people into being too scared to eat normal food.

People need to stop going to Instagram for advice and look to nutritionists instead.

But government campaigns telling us we need to eat 10 portions of fruit and veg a day are just as bad - we need more manageable goal.

There&aposs too much anxiety and worry around food - eating bread, meat and dairy never gave anyone cancer.

Eve Simmons runs Not Plant Based - a website helping troubled eaters.

This article originally appeared in The Sun and is republished here with permission.


'Clean Eating Gave Me Anorexia'

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Eve Simmons, 27, thinks "clean-eating" Instagram pages are to blame for many eating disorders. Image: The Sun Source:Whimn

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Nigella Lawson&aposs right - trendy fad diets are a cover-up for eating disorders.

I know because I&aposve spent the last two years recovering from an eating disorder that nearly killed me - and it all began when I started "clean-eating."

TV chef Nigella told a group of students at a lecture in Toronto this weekend that “we live in an age of fads" and admitted being disgusted by the idea of clean eating - as it suggests other foods are "dirty."

And I am SO glad to see someone finally speaking sense about this.

Like Nigella, I agree that people are using clean eating - a range of diets which focus on cutting out certain fats, sugars and animal products - as a way to hide their eating disorders, because it&aposs exactly what happened to me.

Cooking Queen Nigella Lawson detests the new 'clean-eating' trend. Image: Getty Source:Whimn

The "clean-eating" bloggers that started it all

I was 23 when I became obsessed with eating "healthy" foods and calorie counting, which eventually led to a diagnosis of anorexia.

I&aposd never been worried about my body before, but when I got my first job at a fashion mag I became increasingly aware of how slim all the women around me were - and how little they ate.

Chatter in the office was all centred around food, with my peers constantly discussing their weight, diets and "clean eating" recipes.

They&aposd always be trying out recipes and bringing in impressive lunches from health blogger Melissa Hemsley or Madeleine Shaw, covered in kale, quinoa and linseed.

As a young and impressionable journalist, I looked up these women - so I&aposd go home and make the exact same thing for the next day. I wanted to be part of the "clean-eating club", just like them.

Soon I was looking up recipes and following bloggers on Instagram myself. The more I read about "healthy" eating habits the more obsessed I got.

I started making what Instagram told me were "healthier choices", swapping dairy milk for almond milk and trying to eat less starchy carbs.

I was so obsessed with these health bloggers I did exactly what they all said - and suddenly it was like a domino effect.

I stopped eating breakfast because fasting was good for the metabolism.

Then I stopped eating bread because gluten was the spawn of the devil.

A month later I decided to go vegan and gave up all dairy - milk, butter, cheese, yogurt and eggs.

I was obsessed with talking about it, and I𠆝 preach to anyone who would listen about the amount of added sugar in bog-standard lunches.

To everyone else I could pretend my fad diets were for health reasons - which was true to begin with.

But it quickly became more important to me that I was eating as few calories as possible and losing weight - and these diets became a great cover up so people didn&apost see how little I was eating.

I&aposd find sweet potato brownie recipes on Madeline Shaw&aposs Instagram page and then make them for my friends to try and prove to them I was eating bad stuff like brownies - but really they had about three calories in them.

The perfect cover-up for anorexia

Being vegan made it easy to turn down cake at a family party or refuse to eat mum&aposs cheesy pasta bake, and pretending to be gluten intolerant to my friends meant I didn&apost have the pressure of eating pizza with them at social occasions.

I was surviving on a diet of kale and cauliflower rice, I was malnourished, and my weight began to plummet.

Within just six months, I&aposd gone from a healthy size 8-10 to a tiny size four - and I was the same weight as the average 11-year-old. I wasn&apost getting any of the vitamins or minerals that I needed.

My mum took me to the doctors and I was admitted to hospital and diagnosed with anorexia.

I was treated by doctors who re-fuelled my body and I saw psychiatrists and nutritionist who helped me understand my eating disorder.

After six weeks I was discharged and headed home to try and rebuild a healthy relationship with food.

Eve now runs 'Not Plant Based' - a website devoted to changing perceptions of unhealthy and healthy foods. Image: the Sun. Source:Whimn

Clean-eating bloggers need to take responsibility

Now, two years on I am happy and healthy and eat what the hell I want - but I will be forever furious with the unqualified Instagram stars who told me what to eat - despite being unqualified.

The clean-eating accounts I followed had zero authority to be telling me and other young women what to eat - yet because they had loads of followers and posted pretty pictures of healthy-looking meals, I believed they were right.

I cannot stress enough how wrong this is.

Following a clean-eating diet doesn&apost mean you get all the nutrients you need.

We are literally going to end up with a generation of women with osteoporosis because they didn&apost get enough calcium to keep their bones strong while following a diet which deprives them of diary and essential amino acids by cutting out vital food groups.

It just makes me so livid.

I will say it until I&aposm blue in the face - I believe clean-eating bloggers like like Madeleine Shaw and Natasha Corrett, who both say they believe in moderation and balance - need to stand up and take responsibility before it&aposs too late.

They are ruining people&aposs lives - and these accounts need to be banned and we need to stop scaremongering people into being too scared to eat normal food.

People need to stop going to Instagram for advice and look to nutritionists instead.

But government campaigns telling us we need to eat 10 portions of fruit and veg a day are just as bad - we need more manageable goal.

There&aposs too much anxiety and worry around food - eating bread, meat and dairy never gave anyone cancer.

Eve Simmons runs Not Plant Based - a website helping troubled eaters.

This article originally appeared in The Sun and is republished here with permission.


'Clean Eating Gave Me Anorexia'

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Eve Simmons, 27, thinks "clean-eating" Instagram pages are to blame for many eating disorders. Image: The Sun Source:Whimn

Eve used her vegan and gluten-free diet as a way to mask her frightening eating disorder.

Nigella Lawson&aposs right - trendy fad diets are a cover-up for eating disorders.

I know because I&aposve spent the last two years recovering from an eating disorder that nearly killed me - and it all began when I started "clean-eating."

TV chef Nigella told a group of students at a lecture in Toronto this weekend that “we live in an age of fads" and admitted being disgusted by the idea of clean eating - as it suggests other foods are "dirty."

And I am SO glad to see someone finally speaking sense about this.

Like Nigella, I agree that people are using clean eating - a range of diets which focus on cutting out certain fats, sugars and animal products - as a way to hide their eating disorders, because it&aposs exactly what happened to me.

Cooking Queen Nigella Lawson detests the new 'clean-eating' trend. Image: Getty Source:Whimn

The "clean-eating" bloggers that started it all

I was 23 when I became obsessed with eating "healthy" foods and calorie counting, which eventually led to a diagnosis of anorexia.

I&aposd never been worried about my body before, but when I got my first job at a fashion mag I became increasingly aware of how slim all the women around me were - and how little they ate.

Chatter in the office was all centred around food, with my peers constantly discussing their weight, diets and "clean eating" recipes.

They&aposd always be trying out recipes and bringing in impressive lunches from health blogger Melissa Hemsley or Madeleine Shaw, covered in kale, quinoa and linseed.

As a young and impressionable journalist, I looked up these women - so I&aposd go home and make the exact same thing for the next day. I wanted to be part of the "clean-eating club", just like them.

Soon I was looking up recipes and following bloggers on Instagram myself. The more I read about "healthy" eating habits the more obsessed I got.

I started making what Instagram told me were "healthier choices", swapping dairy milk for almond milk and trying to eat less starchy carbs.

I was so obsessed with these health bloggers I did exactly what they all said - and suddenly it was like a domino effect.

I stopped eating breakfast because fasting was good for the metabolism.

Then I stopped eating bread because gluten was the spawn of the devil.

A month later I decided to go vegan and gave up all dairy - milk, butter, cheese, yogurt and eggs.

I was obsessed with talking about it, and I𠆝 preach to anyone who would listen about the amount of added sugar in bog-standard lunches.

To everyone else I could pretend my fad diets were for health reasons - which was true to begin with.

But it quickly became more important to me that I was eating as few calories as possible and losing weight - and these diets became a great cover up so people didn&apost see how little I was eating.

I&aposd find sweet potato brownie recipes on Madeline Shaw&aposs Instagram page and then make them for my friends to try and prove to them I was eating bad stuff like brownies - but really they had about three calories in them.

The perfect cover-up for anorexia

Being vegan made it easy to turn down cake at a family party or refuse to eat mum&aposs cheesy pasta bake, and pretending to be gluten intolerant to my friends meant I didn&apost have the pressure of eating pizza with them at social occasions.

I was surviving on a diet of kale and cauliflower rice, I was malnourished, and my weight began to plummet.

Within just six months, I&aposd gone from a healthy size 8-10 to a tiny size four - and I was the same weight as the average 11-year-old. I wasn&apost getting any of the vitamins or minerals that I needed.

My mum took me to the doctors and I was admitted to hospital and diagnosed with anorexia.

I was treated by doctors who re-fuelled my body and I saw psychiatrists and nutritionist who helped me understand my eating disorder.

After six weeks I was discharged and headed home to try and rebuild a healthy relationship with food.

Eve now runs 'Not Plant Based' - a website devoted to changing perceptions of unhealthy and healthy foods. Image: the Sun. Source:Whimn

Clean-eating bloggers need to take responsibility

Now, two years on I am happy and healthy and eat what the hell I want - but I will be forever furious with the unqualified Instagram stars who told me what to eat - despite being unqualified.

The clean-eating accounts I followed had zero authority to be telling me and other young women what to eat - yet because they had loads of followers and posted pretty pictures of healthy-looking meals, I believed they were right.

I cannot stress enough how wrong this is.

Following a clean-eating diet doesn&apost mean you get all the nutrients you need.

We are literally going to end up with a generation of women with osteoporosis because they didn&apost get enough calcium to keep their bones strong while following a diet which deprives them of diary and essential amino acids by cutting out vital food groups.

It just makes me so livid.

I will say it until I&aposm blue in the face - I believe clean-eating bloggers like like Madeleine Shaw and Natasha Corrett, who both say they believe in moderation and balance - need to stand up and take responsibility before it&aposs too late.

They are ruining people&aposs lives - and these accounts need to be banned and we need to stop scaremongering people into being too scared to eat normal food.

People need to stop going to Instagram for advice and look to nutritionists instead.

But government campaigns telling us we need to eat 10 portions of fruit and veg a day are just as bad - we need more manageable goal.

There&aposs too much anxiety and worry around food - eating bread, meat and dairy never gave anyone cancer.

Eve Simmons runs Not Plant Based - a website helping troubled eaters.

This article originally appeared in The Sun and is republished here with permission.